ブログ

2月1日・2日に無料体験講座を実施!
 
2月1日は新小1~新小3(低学年)
2月2日は新小4~新小6(高学年)
で行います。
 
くわしくはトップ画面からイベント案内をクリックしてくださいね。


2018年1月17日  11:41 AM |カテゴリー: くま塾工房

台風接近に伴い、京都府南部に暴風警報が発令されました。

つきましては、『くま塾工房規定』に基づき、本日の授業を
すべて中止いたします。

ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願いいたします。


2017年8月7日  11:10 AM |カテゴリー: くま塾工房

まいど、副教室長の瀬川です。
天気にも恵まれ、無事二日目も終えることができました。

今日は、3日間のうちの中日です。
移動時間もなく朝から晩までマキノを満喫できました。
朝からしっかり勉強し、昼ごはんを食べた後には、本日のメインである琵琶湖へ行きました。
完全にこどもの姿になっていましたが、彼らは受験生。
帰ったら、また勉強なのです。



夜ご飯は民宿でのBBQでした。
それぞれの班にわかれて、ワイワイお腹いっぱい頂きました。

明日は、昼過ぎまで勉強して、15過ぎにマキノを出ます。
この合宿を経験した彼らなら、きっと残りの夏も充実したものにできると信じています……


2016年8月3日  12:26 AM |カテゴリー: くま塾工房

まいど、副教室長の瀬川です。

今日から3日間、夏の合宿として滋賀県高島市マキノにやってきています。
予定通り、昼に合宿所となる民宿に到着した後、
お昼ごはんを食べて、さっそく川に。
これでもかというくらい暑かったですから、
まずは市内では味わえない大自然に触れてきました。
マスつかみもし、そのマスを焼いて食べて、涼しいひと時を過ごしました。
予定外に濡れてしまった人もいましたが、とにかく教室ではできない体験1つ目!

川はこんな感じでしたよ。


民宿にもどったあとは、夕飯まで勉強です。
あとは花火をして、またまた寝るまで勉強しました。

とにかく、無事に1日目が終わって良かった。
詳しくは、合宿が終わってからまとめて報告します。


2016年8月2日  12:17 AM |カテゴリー: くま塾工房

台風19号の接近に伴い、本日10月13日(月)に実施予定だった授業はすべて休講となります。
 
振替日時につきましては、後日ご連絡させていただきます。
 
宜しくお願いいたします。


2014年10月13日  10:41 AM |カテゴリー: くま塾工房

まいど、理科の瀬川です。
 
2日目は、開明中1次後期の激励です。
出願数は例年通りの600人強、しかも現在校舎は工事中であるため突入口がせまく、ごった返しになること必至。
 
さて、本日は雪。
朝、猛吹雪の中、駅へ向かったというのに京橋駅につけば、嘘のように止んでおります。
なぜだ?
 
まぁ、受験生にとっては有難いことですが、雪の日はとにかく足元に注意です。
受験に制服で向かう場合、当然のように制靴(つまり、革靴)になります。これがまた裏がツルツルで怖い。特に雪がとけた状態での「横断歩道の白縞」が曲者ですので注意して行きましょう。
転倒してお尻びちょびちょも困りますが、咄嗟に手をついて怪我をするなんて最悪ですからね。
 
そんな事態には陥らず、定刻通りに京橋駅前広場に集合した我々は、順調に開明中に向かいます。前述のように門前は混雑しているので、少し手前で最後の確認。
 
生徒たちは、昨日から複数回受験に挑むため、頭の中がごっちゃになってきます。
時間割、制限時間など細かい確認が必要です。
さらに、ここ開明中の採点はアラカルト。
理科と社会は、点数の良い方をとってくれますので、最悪どちらか一方で失敗しても構いません。これをわかっていないと、1つ失敗した段階で「もう、あかん」と、スイッチがオフになってしまう子も出てきてしまいます。 もちろん、両方うまくできるに越したことはありませんが。
 
とりあえず拭えるだけの不安要素を全て取り除いて、着席時間に十分間に合う形で、生徒を送り出し。
帰り道、大粒の雪が降ってきました。
送り出した後で、タイミングも良かった。
 
ようし、がんばってこいよ!
 
ちなみに、開明中は試験当日に、専願・併願の切替ができます。 点呼時間の8時20分まで受付していますが、場合によっては混雑するかもしれません。
切替が必要な方は、必要書類(願書に添付されています)を持って早めにいきましょう。
うちの子たちには関係ありませんが……。


2014年1月19日  2:15 PM |カテゴリー: くま塾工房

まいど、理科の瀬川です。
 
京阪神入試解禁日初日である今日は、同志社中の激励です。
予定より1本あとの電車で向かいましたが、早々に到着。岩倉の広大な風景を楽しみつつ、スタッフ集合に合わせて向かうと、またしてもスタッフ集合時刻に生徒が……。早いっ。
 
同志社は、地下鉄地上出口から数歩歩けば校門です。
日本一の人工芝が敷かれたラグビーグラウンドがある同志社高校の敷地内を通り、北に位置する同志社中学校へと向かいます。
この高校敷地内で、他塾は激励の陣取りをしています。
まだ、開門まで20分以上ありますから他塾の集まりもまだまだ。そんな中をグイグイ進んで早々と中学校に到着。
 

 
そして、チャペルとカフェテリアが保護者控え室になっていますので、暖かいチャペルに突入。
なんと、誰もいません。
同志社のチャペルを独占です。
そして、ここでトイレも済ませ、最後の確認をして、いざ出陣。
校舎手前に設けたバリケード(まさに駅の改札状態)から、受験票を見せて入って行きました。
そう、振り返ることなく。
あそこから、一気に受験生モードになっているのです。邪魔をするのは野暮。
 
さぁ、試験が始まるのは9時。
それまでに、私はかつて同志社中学校があった今出川へ。
昔から同志社中の激励には当然のように来ていました。その頃からのゲン担ぎです。
今出川キャンパスの北にある相国寺で、納得のいく受験になるように願かけを。 そして、私は激励にいけなかったけど、隣にある同志社女子中でも別の生徒が試験を受けています。 昨日の電話での約束通り、「がんばれ〜」という念を送っておきました。
教室長の織田も言っていましたが、行きたくても全員の激励には行けません。せめて、全員に念だけでも……。
 
初日ということで、長々と書いてしまいましたが、今後受験生となる学年の皆さん、入試の雰囲気は独特のものです。
いずれ自分もこの仲間入りを果たすというなら、当日の様子を見ておくといいですよ。
受験生が多い同志社ですが、それを余裕で受け止められるほどの広大な敷地と開放感のある環境、それでいて駅からのアクセスは抜群。
見ておいて損はありません。
 
ここで学びたい、学ばせたいと思わせる学校の一つ。


2014年1月18日  11:08 AM |カテゴリー: くま塾工房

まいど,理科の瀬川です。
 
1月8日(水)は,函館ラ・サール中の入試激励。
 
会場は大阪堺筋本町にある「マイドーム大阪」です。
京都からだと,電車で1時間ちょいってところなので,岡山中入試の会場と時間的にはそんなに変わりません。
しかし,入室完了時刻が, 岡山中9時45分,香川誠陵中9時30分に対して,函館ラ・サール中は8時30分なのです。
1時間も早い!
このせいで,いや,このおかげで通勤ラッシュは回避できますが,受験生にとっては早起きが大変かもしれませんね。
 
さて,受験会場はマイドーム大阪の3Fにある展示ホールを2つぶちぬいた大きな部屋。
受験生全員を一部屋にかためて行います。
暖房も効いているのですが,受験生全員ですから熱気もすごい。
どこの受験でもそうですが,脱いだり着たりと自分で調節できる服装でいきましょう。
 
この函館ラ・サール中入試が終わると,前受け受験もほぼ終了。
京阪神の解禁日である18日まで少し時間があきます。
結果もどんどん出てきますが,大切なのは合否ではなく,ここでの反省点を確認し,修正して,より完璧な形で本命をむかえられるようにすること。 (良い結果が出て,勢いづければなお良しですが。)
 
ところで,去年,函館ラ・サール中を第一志望とし,今現在元気に通っている子が学校側の手伝いとして,会場にいました。
ちょっぴり,立派になって。
 
いやぁ,懐かしいなぁ。
「去年,この会場で激励したなぁ」なんて,しみじみ。
 
こういう形で会うと,今年の子の激励もがんばるぞ!という気持ちが強まってきます。
さぁ,先生もパワーをもらった。
あと10日や,ラストスパートいくでぇ!


2014年1月8日  7:16 PM |カテゴリー: くま塾工房

まいど,理科の瀬川です。
 
今日は,1月6日(月)。
香川誠陵中の入試激励です。
くま塾工房は高槻会場へ,織田と山下が。
くま教育センター本町教室は大阪会場へ,私が激励に向かいました。
 
まずは私が生徒達の待つ大阪へ,一人寂しく向かいます。
当然,仕事始めの6日(世間ではそうなのです)ですから,「受験生を乗せたくないなぁ」というほどの満員電車。駅々で降りる人よりも乗って来る人の方が多いという恐怖のニュートン算が繰り広げられる中,何とか待ち合わせ駅に到着。
 
さて,余裕をもって家を出ているので,生徒はまだ誰一人来ていません。
喫茶店でモーニングをモリモリ(そう,モリモリ)と食べてスタッフ集合時間に再び待ち合わせ場所へ。
すると,何と,生徒達はスタッフ集合時間にすでに集結。
「はやいっ!」
各学校のオープンキャンパス引率や合宿の集合時間に遅れてきていた問題児たちが,何と早々と集合しています。
やはり入試ということで気合の入りようが違う!
しかし,私が着ている『くま教育センター』の白ベンチコートを見て,
「何これ~」
 「これが受験激励の正装なんや~」
との会話。緊張で固まっている様子もありません。
 
そして,忘れ物チェック・体調が悪くないかどうか・気合が入っているかどうか,などのお決まりの確認を終え,いざ出陣です。
大阪会場である大阪国際交流センターまでは,駅から歩いて10分程度です。
ゾロゾロと受験生だらけですから,迷うなんてことはまずありません。(まぁ,上本町なら私は迷いませんが……)
途中,各塾が色とりどりのベンチコートを着て,お出迎え。
「なっ,これが正装やろ?」
大手塾の勢いにビビる瞬間の1つですから,前もって見せておいて正解。
 

 
無事到着し,円陣を組み,最後の確認をします。
各教科の注意点や個人個人の注意点。
そして大切なのが,体内時計のリセット。
生徒達はいろいろな学校の過去問を解いていますので,体内時計がぐちゃぐちゃ。
香川誠陵用に微修正する必要があるのです。試験時間は,50分・50分・25分・25分。
前半の国算の時間感覚を引きずってしまうと理社で制限時間切れ!なんてことになりかねませんからね。
 
それでは,いざ。
受験票を片手に受験教室の確認からです。
受験票がなければ私が再発行に走りますが,全員持っています。
 
と,突然。
「あれ?教室がない~。」
 「なぬ?ちゃんと見たんか?」
「でも,ない~。」
 「どれどれ受験票,見せてみぃ。って,お前は第2会場やないかぁ~い。」
「あははは」
笑っていましたが,一人で受験会場に来ていると結構焦ります。
第1会場に生徒を送り込んだあと,引き続き第2会場に移動して無事,全員送り出しました。
 
入試にハプニングは,つきものです。
我々スタッフが引率していくならまだしも,単独で行かれる場合は必ず保護者の方が付き添った方がいいでしょう。
まだまだ小学6年生,一人でハプニングに対応できるとは限りませんし,無事解決できたとしても,その後の動揺は少なからずありますからね。
 
18日に向けての前受け。しっかりと受験の雰囲気をつかんできてくれたかな?


2014年1月7日  1:34 PM |カテゴリー: くま塾工房

まいど、理科の瀬川です。
 
いよいよ、2014年度中学入試がスタートしました。今日は、織田教室長とともに、岡山中学の入試激励です。
 
会場は、大阪天満の「天満研修センター」です。
例によって、くま塾工房では受験会場まで引率していくため、JR京都駅地下東改札前に集合です。
今年の生徒は優秀で、誰一人遅刻することなく集合時間前に全員集合!
急遽予定より一本早い電車に乗って幸先よく出陣です。
 
土曜日というか、まだ4日ということもあり、電車は混雑することなく座席を確保して優雅に、ではなく、勉強しながら向かいます。
(電車に弱い人はひたすら精神を落ち着かせます)
 
天満駅につくと、「あっ、○○塾や〜」「何あれ?うわっ、○○塾や〜」などなど、入試独特の雰囲気にキョロキョロする生徒達。
これ、単独でくるとさすがに緊張してしまいます。そのために我々が同行しているのです。
「ここで集合しとるねん。お前らは、もう集合しているから大丈夫や!」
なんて言いながら、会場へ向かいます。
 
会場前では、研修センターに入るための行列ができていました。
その列にちょこんと並んだ我々。
突然、「うわっ」という生徒の声。何かにビビったのか?と思いきや、
「50円やて、この自販機、安っ!」と。
実は、受験生の数を目の当たりにするのは受験会場に入る前なのです。
教室に入ってしまえば、たかが数十人ですからね。
リラックスしすぎるのも問題ですが、ビビる第一関門をあっさり突破できているのは大きい。
 
さて、会場入りした我々は、保護者控え室を占領し、最後の確認と『計算テスト』開始です。
いつもやっている、10分間の18問計算。
 

 
黙々と解き進める姿を見て、生徒達の緊張具合を確認します。
受験会場まで来て?と思うかもしれませんが、勉強モードに切り替えさせるのはこれが一番なのです。
学校によっては、こういった環境が確保できないこともあります。 まさに、岡山中入試ならでは。
 
さて、入室完了まであと20分のところで、 「さぁ、いくか!」と、送り出します。
ここは、入り口ギリギリまで引率できるので、生徒達には座席に荷物を置いた後、トイレに出てくるよう指示してあります。
「先生、一番前やったわー」
「そうか、先頭ってかっこええやん」
なんて意味不明な最後の会話。
 
受験番号が近くても座席が運悪く離れてしまうこともあります。隣の子が挙動不審かもしれません。
たかが座席ですが、これだけで緊張してしまう子だっているんです。この確認は結構大事。
そして、トイレから戻った生徒達は再び出てくることはありませんでした。ちょっと寂しい。
でも、まぁ、いつも通りの状態で落ち着いて座っていると信じましょう。
 
3科とはいえ、試験時間が長い岡山中。
終わったあと、どれくらい生徒達が疲れているか見ものです。
がんばってこい!


2014年1月4日  1:59 PM |カテゴリー: くま塾工房

Page Top