ブログ

 こんにちは、山下です。4月も今日で終了し、明日から5月となります。中学1年生の生徒との会話の中で、「クラブ何入った?」「俺は○○部入った。」「△△部は練習が厳しいからなあ…。」「僕は小学校時代から★★部に入るって決めていた!」といった声が聞こえてきます。
私に「先生、何部に入ったらいいと思う?」と聞いてくる生徒もいました。5月から正式に入部扱いになる中学校が多いので、今日はクラブ活動について少し書きましょう。
 
 私が思うに(あくまでも個人的な意見ですよ)…
 
 まず、クラブに入るべきかどうかについては、入った方がいいと思います。最悪なのは、帰宅部で勉強も中途半端、学校以外でも夢中になるものが無い。結果として、中学時代を振り返ったときに、思い出が特にないパターン。せっかくの青春時代(死語?)、いろいろなことに挑戦しましょう!
 
 次にどのクラブに入るかです。私は自分が入りたいクラブを選択するのが1番だと思いますが、もう一言アドバイスするならば、
 
 ① 社会人になってからも続けられるもの
 ② ちょっと変わったもの
 
がおすすめです。勿論、どこまでクラブ活動にのめりこむのかも考慮する必要がありますが…。
 ①は社会人になっても、趣味として続けられる…これは大きい要素です。私のような無趣味の人間にとっては、羨ましい限りです。
 ②は、話のネタになる(笑)。これでは説得力がありませんので、その他をあげるならば、全国大会に出やすい。これも大きい要素でしょう。私の中学・高校は陸上ホッケー部がありました。当時は都道府県内に4校しか陸上ホッケー部がなかったので、2回勝てば全国大会でした。全国大会に出た経験があるというのは、将来自慢できるのでは?
 
 つまらないことをダラダラ書いてしまいましたが、まだ何部に入るか決めかねている生徒は参考にしてみては?


2013年4月30日  1:52 PM |カテゴリー: 山下

まいど、理科の瀬川です。
 
科学技術週間とは、発明の日(4月18日)を含む一週間のことを指し、今年は、4月15日(月)~21日(日)だったのです。
様々な科学イベントがこの期間にあるようですが、私も発明の日(18日の木曜日)にお出かけしてきました。
 
向かった先は、蹴上にある京都市国際交流会館。

市民の国際交流の拠点となっている場所で、人々が出会い、語り合い、交流を深め合うことを目的とした施設です。
で、何をしに行ったかというと、当ブログの第1回でも紹介した『一家に1枚シリーズ』のポスターをもらいにいったのです。
入口を入ってすぐ左手のメッセージコーナー内にありました。
 
繰り返しになりますが、このポスターは文部科学省が、科学技術の理解増進施策の一環として本期間に合わせて製作しているポスターです。
今年は、「鉱物 ―地球と宇宙の宝物―」でした。小学生で学習する理科内容からはちょっとはずれていますが、宝石など、石が大好きな子にとっては、興味深いものかもしれません。また、教室にはっておきます。
 
なお、このポスターは、インターネットでA0サイズまで販売されています(Amazonでも購入可能)が、A2サイズでよければ、地域の施設で無料ゲットできます。「一家に1枚 配布協力館」で検索してみて下さい。
ご家庭にプリンタがあるのでしたら、科学技術広報財団のホームページからPDFファイルでダウンロードできますので、印刷すればポスターの完成です。ちょくちょく改定(主に追記です)されるので、すでに過年度のポスターをお持ちの方もホームページをチェックしてみるといいですよ。
 
前にも書きましたが、ポスターの内容を自分なりにまとめあげれば、簡単に自由研究が出来上がります。夏に向けて、今から取り掛かるのも有りですね。


2013年4月25日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

先日、風呂場で強烈な吐き気と目まいに襲われて、若干意識を失った島田です。 
 

 という話をしたら、勉強しすぎじゃないですか?と言われました。いやいや、まだまだ足りない。高校のときは今の10倍は勉強していたはずだ(過去は美化されるものですw)
 
 脳梗塞?脳溢血?などという不安が頭をよぎりましたが、「立ちくらみ」としておきましょう。 
 
 

 さて、そんな私ですが、恥ずかしい話ですが、あまり勉強に時間がとれていないというのが本当のところ。しかし、暗記しなければいけないこと(勝手に増やしているんですけどね)は山積しています。なんで6月末までに趣味の検定試験が5発もあるのだろう……。
 
 

 
 暗記の基本は、繰り返しです。
 が、意味のわからないものを繰り返してもなかなか覚えられるものではありません。まずは意味を理解・イメ―ジする。これが最優先。(漢字練習なんてのはこの典型) 

  しかし、意味のわからないものを暗記しなければならないことも、時には発生します。
 
 

そんなときは……印象づけて記憶する! 
 
 

たとえば、ノート(テキスト)の内容をより印象づけるにはどうすればいいか。
 
ポイントは3つ。
① 余白
② メモ
③ イラストや語呂 
 
 
 

順番に説明していきます。
①余白について
 これが一番重要です。ノートをとるときにできるだけ行間を空ける。ノートをビッシリと埋めてしまうと、復習をする気がおきないばかりか、後で説明するメモ、イラスト、セリフなどが書き込めない。これらを書き込むためにも、ノートには余白が必要です。 
 
 
 

②メモについて
 授業中の先生の説明で重要な話はメモしてほしいというのが本音ですが、最初は何でも雑談でもOK。後でノートを見返したときに、授業を少しでも思い出すきっかけになればいいのです。 
 私の趣味である検定試験の勉強は独学なので、誰かの話をメモするということはありません。しかし、自分が思いついたことは、ポンポンとメモしていきます。この際、復習時に目につきやすいように、縦・横・斜めと適当に書きこみます。 
 このとき、書き込みすぎると見返す気力がなくなる上に、見返すのに余計な時間もかかるので、余白が残るように書き込みます。 
 
 
 
 

 
③イラストや語呂
 余白に授業内容に関係のあるイラストや図を描く(上手い下手は関係ありません、インパクトさえあれば。)のも効果的です。思い出そうとしたときに、自分で描いたイラストから芋づる式に思い出せるかもしれません。また、文字だけのノートより見直すのが楽しくなりますね。
 私の場合、歴史なら人物の似顔絵を描いてイメージを強く持つし……何でこんなの覚える必要が?というものは割り切って語呂を作って覚えます。(いいなぁ~、生徒達は……山下先生や瀬川先生が語呂を教えてくれるんだもんな) 

語呂の例ですか?
 たとえば、お寺検定で覚えたのは……京都五山(天竜寺、相国寺、仁和寺、東福寺、万寿寺)なら、ぞれぞれの漢字から美味しい所だけ抜き出して……「天国に不満」。 
 
 また、アロマテラピー検定1級で覚えたのは……花から精油を抽出する植物(カモミール・ローマン、カモミール・ジャーマン、ローズアブソリュート、ローズオットー、ジャスミン、ネロリ、イランイラン)なら、それぞれの頭文字を抜き出して……「鴨ロースじゃねい花(わな)」。 

 うん、意味がわからないね。瀬川先生から「天国に不満」は苦しいやろ?と笑われましたが…… いいんです!自分が覚えられたらそれで!(開き直り)

 さて、まとめましょう。①~③のことをすることで、無機質だったノートやテキストが自分色に染まり、自分の描いた絵のようになります。
 私の場合、この「絵」から記憶を掘り起こすことが多いですね。
 嗚呼、また長くなってしまった。


2013年4月24日  12:23 AM |カテゴリー: 島田

 こんにちは、山下です。
 
 さて、4月から小6基本社会受講生を対象に、歴史の再テストを実施しています。事前に合格ラインを設定し(1組は40点/50点、2組は30点/50点)、合格点に満たない生徒は再テストを受けなければならないというシステムです。
 
 例年、生徒からは「合格ラインが厳しい」とか「絶対に再テストにかかるわ」といった情けない声が出てくるのですが、そんな生徒に聞きたいことがあります。
 
 ・中学受験では、全範囲からの出題で7割以上の得点が必要であることをわかっていますか?決められた少ない範囲で8割以上の正解が取れなくて、入試でどうやって合格点を取るのですか?
 ・本当に1分1秒を惜しんで、精一杯の努力をしていますか?点数を取るために、自分なりに何か工夫をしていますか?
 ・中学受験で合格する気がありますか?
 
 君たちは自分で中学受験をすると決めたのでしょう。ならば、合格するために必要なことは何かを犠牲にしてでもやらなければならないし、クリアーすべき課題は何が何でもクリアーしなければならないのです。しかし、ここ数年、中途半端な勉強で合格すると思っている、甘い考えをもつ生徒が増えている気がします。
 
 中学受験をすると決めたならば、合格するために精一杯の努力をするしかない!再テストに引っかかるなど論外!
 まずは、宿題をきっちりこなして、できなかった問題を完璧に覚えなさい。1問1答集も、★印を優先して書いて覚えなさい。他教科で時間が取られるならば、短時間で集中力をあげて取り組むしかない!
 
 『真の受験生』になれ!


2013年4月23日  2:00 PM |カテゴリー: 山下

まいど、理科の瀬川です。
 
テスト中のよくある光景……。
「先生、ひらがなでもいいですか?」
もちろん、漢字指定されていなければひらがなで書いても正解です。
 
さて、言葉を確実に記憶に残すにはどうすればいいか?
受験生だけでなく、勉強に関ってきた人なら誰しもが考えることではないでしょうか?
方法は人それぞれだと思うのですが、私の中での答えは次の2点です。
 
【その1】 漢字と読みが直結していること

「漢字は書けるけど読めない」「ひらがななら書けるけど漢字で書けない」なんて子は時々、字の順番がぐちゃぐちゃになった意味不明な言葉を書いたりします。

・普段から漢字で書かれたものは漢字でノートにうつす!
・覚える時には漢字を見て声に出して読んで覚える!

ことを徹底しておきましょう。

 
【その2】 慣れっておそろしい

突然ですが、クイズです。
『京都市バス18系統 久我石原町行き』
これは、私が帰宅するときに四条大宮で乗り換えるバスです。(通常は電車で帰るのですが、雨ならバスです。)
さぁ、この行き先、読めますか?
「いしはらちょう」はいいとして、「久我」ですよ、「久我」!
バスにのって毎回のように聞いていると、さすがに覚えます。
普段目にしているものや聞いているものなら簡単に記憶に残るものです。
慣れってすごいんですよ。
昔から京都に住んでいる人なら簡単かもしれませんが、たとえ京都でも地域が違えば難しいのかもしれませんね。
ちなみに正解は、「こがいしはらちょう行き」です。
いろいろ調べてみると、他府県の人にとっては、太秦、烏丸、西院なんかも読みにくい漢字として紹介されていたりするんですよ。
京都の人にとっては常識なのに……。
京都の地名は特に難しいかもしれませんね。

 
ということで、私がよく見かける地名でクイズです!(今日は堅苦しい内容ぬきで)
さぁ、いくつわかりますか?中途半端な9問です……
 
① 上終町 ② 納所 ③ 双ヶ丘
④ 深泥池 ⑤ 物集女 ⑥ 一口
⑦ 御陵 ⑧ 帷子ノ辻 ⑨ 巨椋
 
日ごろから送り迎えなどで、お母さんたちは年間でびっくりするほどの距離を運転されています。
ちょっとは感謝したらどうですか?生徒のみなさん。
ということで、運転されているお母さんにとっては、よく見かける言葉だったのではないでしょうか?
まぁ、読めなくても何とでもなるのですが……。
 
では、答えです。
① 上終町(かみはてちょう) ② 納所(のうそ) ③ 双ヶ丘(ならびがおか)
④ 深泥池(みどろがいけ) ⑤ 物集女(もずめ) ⑥ 一口(いもあらい)
⑦ 御陵(みささぎ) ⑧ 帷子ノ辻(かたびらのつじ) ⑨ 巨椋(おぐら)
 
いやぁ、ダラダラとすんまへん。


2013年4月18日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

付箋のせいで部屋のインテリアがかなり残念なことになっている島田です。
付箋を利用した勉強について、補足します(書き忘れた……なんてことはないです)
 
覚えるまでは一度貼った付箋は剥がさない。場所を変えない。これも意外と大事なこと。なぜか?これは付箋の内容と、付箋の貼った場所を結びつけて記憶するためです。
たとえば、私の場合ノートパソコンのキーボードに3枚、本棚に15枚、台所に1枚、ドアに2枚、トイレに2枚付箋を貼っているのですが……場所を思い出すと、付箋の内容がモワワワァ~っと浮かんでくるのです。
 
うん、これはかなりいい勉強方法かもと自画自賛していますが、大きな欠点があるのも事実。
まず、部屋のインテリアが崩れる。(部屋のあちこちに黄色い紙がペタペタと……)
部屋のインテリアを黒で統一している方は、要注意。部屋中が工事の看板のようになり落ち着かない残念な部屋になります。
 
次に、付箋代(全面糊タイプは割高)がかかる。
ケチって全面糊でないタイプでやったら、それは無様に剥がれてきて、書き直す羽目になり、ストレスがたまります。
 
そして、大量の内容を覚えるには不向き。
これは前回、「付箋にびっしり書き込まない」と書いたこととも関係するのですが、一枚の付箋に大量に書き込んでしまうと、それを読みこむ必要が生じるので、パッと見て覚えるという主旨から外れてしまう。となると、沢山の内容を覚えたければ、沢山の付箋を貼るしかないのだが……現実的ではない。
 
だから、あくまでも覚えていない、あるいは覚えきれないところだけにしぼって利用します。
 
さて、この勉強方法の成果が試されるのは5/12のアロマ検定の日。5,6年生は朝から駸々堂。うん、一緒に頑張りましょう!


2013年4月17日  1:00 AM |カテゴリー: 島田

理科の渡邊です。
先日,某中学校の入学前の理科課題として次のような問題がありました。
(一言一句写した訳では無いのでニュアンスですが…)
 
「植物には光のある方向に向かって曲って伸びていくものがある。これはなぜか?」
 
そして,その問題には次のようにもかかれていました。
 
「本やインターネットで調べてもよいが,正しい答えである必要はない。」
 
中学受験の理科では理由まで教えてないぞ!
さて,これは学校は何を求めてるんでしょうか?
(正解だけならg○○gleさんの力を使えばすぐに出てきます。)
大人の方であれば分かると思います。
 
それは「論理力。」
 
自然科学(いや,もしかしたら社会科学や人文科学もそうかもしれませんが)では「正しさ」とは「説得力」だといわれています。
自由な発想の中で,より多くの人々を説得できればそれは「正しい」理論となるんでしょう。
そのために必要なものが「論理力」ということになります。
上の課題はそういった力を養う一貫として出されたんだと思います。
 
普段の授業(受験勉強)の中では必要な知識を順序だてて教えていくことになるので,なかなかその論理の「正しさ」にまでは踏み込めないんですよね。
ただ,子供達は様々な発想でコメントをくれます。
ま,その殆どは「屁理屈」ですが(笑)
でも,そういう気持ちは大切にして欲しいなと思う今日この頃です。
もしかしたらその「屁理屈」が世界をアッと驚かせる結果になるかもしれませんしね。
 
その昔,キリスト教ではご法度とされていた地動説を唱えた,ガリレオ=ガリレイが宗教裁判にかけられたときに言ったとされる言葉。
「それでも地球は回っている。なぜならその方が美しい。」
なんか小学生の屁理屈みたいでしょ?


2013年4月15日  1:13 PM |カテゴリー: 未分類

まいど、理科の瀬川です。
なかなか堅いタイトルでお送りしております。
が、大したことは言いません。というか、言えません。
 
さて、先の自民教育改革案になかなか興味深いことが挙げられていました。
経済再生には「人材養成が不可欠」と指摘し、そのための教育再生の「三本の矢」として、
① 英語教育の抜本改革
② 理数系教育の刷新
③ 情報通信技術(ICT)教育
を挙げ、教育分野への十兆円規模の集中投資も検討しているそうです。
そんな金がどこにあるんだろう???
 
ちなみに内容はこんな感じ。
① TOEFLがどうのこうの

よくわかりませんので、割愛!

② SSHの生徒を倍増

文系と理系の両方できる人材を増やすために大学入試に理数科目を求めるようにしていくみたいで、それに伴い、高校で理数科目に重点を置く文部科学省指定の「スーパー・サイエンス・ハイスクール」(SSH)の生徒を倍増する計画です。
特に優れた生徒のため、超SSH制度の導入も図るとのこと。
小学生にとっては、「高校?」って感じですが、6ヶ年一貫教育の中学校に進学するなら高校もセットですからね。特に理系進学を望むなら他人事ではないですよ。

③ デジタル化!

これがビックリです。
ICT教育の推進策として、2020年までに全ての小中高校の児童・生徒に一台ずつタブレット端末を配備すると打ち出したのです。(現在では全国の公立学校約1600校ですでに1人1人に割り当てられているとか……ほんまかいな?)
教科書もデジタルだし、テストや宿題提出も、何もかもが指1本で事足りる時代になっていくんでしょうか?
楽しみでもあり、何だか恐ろしくもあります。
タブレットが濡れたり、壊れたりした瞬間に何も出来ない子が、大量発生みたいなことにはならないでしょうねぇ。
アナログも大事に残して欲しいなぁ。
まぁ、改革案であって、まだ色々と会議をくぐり抜けなければ実現には至らないでしょうけどね。
どうなることやら……。

 
ちなみに、デジタル教科書なら今でも体験できます。
あの東京書籍が平成25年度版の高等学校デジタル教科書をiPad専用アプリとして配信しました。
iPad専用アプリなのでiPhoneでは無理です。
どんなんか興味あったんだけど、私はiPadを持っていませ〜ん!
科目によっては、デジタルならではの近未来の勉強が体験できるのです。(い〜な〜)
映像資料もあり、マーカーで書き込みもでき、辞書ツールと簡単に連携できたり、英文の発音なんて読み上げるスピード調節までもがお手の物。
とにかく、教科書本文に関連するコンテンツが素早く発動できるのです。
扱う科目もどんどん増やしていくみたいですよ〜。
学校に行くのに重い教科書を何冊も持っていく必要なんてありません。iPadひとつでオッケーです。
学校に教科書を忘れて試験勉強ができないなんてことも起こりません。
便利な時代がやってくる日は近いかも……。
 
あっ、一つ言い忘れていました。
教科書アプリ1冊がだいたい4000〜6500円くらいします。 あはは、たっかいなぁ〜。
 
それでもやっぱり……、

高校生に戻りたいなぁ〜

長文、失礼しました。


2013年4月11日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

まだ資格マニアではない思っている島田です。
 
突然ですが、来月はアロマテラピー検定の試験です。ちなみにほとんど興味がありません。じゃあ、何でやるのかって?ネタですよ。第一、私は鼻が弱いですし。
 
こういう専門外の試験を受けるための勉強は、生徒にとっての苦手科目の勉強に似ているのかもしれません。
となると、ここでお手本を示したいというのが密かな私の野望。
専門外の範囲をいかに覚えていくか……ここは工夫して覚えたいところ。
 
色ペンを使う、語呂を作る、イラストにして覚えるなど色々な小手先のテクニックもありますが、やはり基本は繰り返すこと。
どんなに無意味なことでも何十、何百と繰り返すうちに覚えていくもの。
 
が、大きな声では言えないけど、繰り返すためにテキストを開くのが少し億劫なのも事実。我ながら困ったものだ。
というわけで、テキストを開かずに……さあ、勉強するぞ!という気合なしで勉強を開始する方法ないかなあと思っているときに思いついたのが、島田式付箋勉強法(というほど大したものじゃないけど)
 
やり方は簡単。自分が覚えたいことを大きめの付箋(ちょっと高いけど全面糊タイプがオススメ)に書く。目につく所に貼る!もう、これだけ。

ただし、いくつかの注意点がある。

① 付箋にびっしり書き込まない。一枚の付箋には多くても二つのことしか書かない。

② 絵、語呂なども書く。

③ 自分の目線に貼る。

④ 自分が立ち止まる場所に貼る。

 
特に④が大事。私の場合、歯磨きをするとき目に入る場所にベタベタと付箋を貼ることにしたが、これはかなり効果的だ。何度も見ているうちに自然と頭に入ってくる。これは使えるかもしれない……ニヤリ。

ちなみに、全面糊タイプでないと、徐々に付箋が剥がれてくるので要注意です。


2013年4月10日  1:00 AM |カテゴリー: 島田

まいど、auの瀬川です。
 
今回は「がんばれ京都」と題しまして、京都のがんばりを報告です。
「ブログは通勤の電車の中で書く」が常なのですが、最近、京都市営地下鉄烏丸線がパワーアップしました。
2013年3月からKDDIが駅構内にau Wi-Fi SPOTを整備し始めました。快適なインターネット環境を提供するために推進している公衆無線LAN整備事業「KYOTO_WiFi」に参画し、京都市営地下鉄において「KYOTO_WiFi」の整備運用事業者としてWi-Fiを構築するとともに、au Wi-Fi SPOTがご利用いただけるよう、エリア整備を進めているとのこと。
 
「KYOTO_WiFi」は、ゲストコードを毎回入手することで、3時間無料で誰でも使える、「京都市と提携した事業者が提供するWi-Fiサービス」です。いちいちコードをとるのがちょっと面倒なのであんまり……(バス停でも使えるというのはすごいですけどね)。
 
今回注目すべきは、もう1つの「au Wi-Fi SPOT」の方です。こちらは「KDDIが提供する公衆無線LANサービス」で、「Wi2premium_club」や「Wi2premium」と表示される方。はじめて利用するときに設定が必要ですが1回つないだことがあれば、全国にある多くのエリアで自動接続されるので、楽チン。
これで、駅構内でも高速のブラウジングができるようになりました。
京都駅、四条駅、五条駅と順次整備が進んでいますので、どこまで整備できているかはわかりませんが、利便性は上がるでしょうね。
 
さらに、京都市営地下鉄は、2013年3月27日の始発電車から、地下鉄トンネル内でもインターネット接続・メール送信できるように整備し始めました。駅構内だけでなく、途中のトンネル内でも可能になったのです(こちらはWi-Fiではありません)。
これで、車内で携帯をカコカコする人がますます増えるのでしょうねぇ。
ちなみに、このトンネル内の工事は現在、四条〜竹田間のみ完成しております。これから、徐々に工事が進むそうですが。
 
「どうして、南の方から取りかかったの?」
 
駅公務員室に突撃し、理由を聞いたのですが、「特に理由はない」とのこと。
いやいや、「京都駅や四条駅を優先したんでしょ?」と思ってしまうのは私だけでしょうか?
さらに、「通話はご遠慮下さい」と念押しまでされました。(これはモラルの問題ですね。はい。)
まぁ、私はオフラインのメモ帳のみなので、関係ないんですが……。
 
関東では常識の地下空間での携帯サービス(ほぼ網羅しています)ですが、関西では京都が一歩リードという印象を受けます。大阪市営地下鉄は広いですから京都が真っ先に制覇しそうです。
何やかんやで京都、がんばっています!

がんばれ京都!


2013年4月4日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

Page Top