ブログ

まいど,理科の瀬川です。
 
2012年9月21日に発見された「アイソン彗星」が,まさに見ごろです。
 
彗星といえば,ハレー彗星が真っ先に頭に浮かんでくる人も多いと思います。もちろん,エドモンド・ハレーさんが発見したから「ハレー彗星」なのです。このように,彗星は普通発見者の名前が付けられるのですが,この「アイソン(ISON)」は発見者の二人が所属する国際科学光学ネットワーク(International Scientific Optical Network)の略称です。
発見時には太陽から10億㎞ほどの距離にあり木星よりも遠い位置でしたが,2013年11月29日には太陽から110万㎞の位置にまで接近(最接近)します。これは太陽の直径(約140万㎞)よりも短いのです。
実は,このアイソン彗星は76年周期で観測できる「ハレー彗星」(次回は2061年の夏です)とは別で,「何年かに一度やってくる」というタイプの彗星ではありません。つまり,最接近のあとはどんどん太陽から遠ざかり,二度と見ることができなくなります。これは見ておくしかありませんよ!
 
彗星は太陽の光を反射して光るので,近づくほど明るさを増し,肉眼でも見える明るさになります。
29日の最接近では-8等級くらいまで明るくなると言われていますが,どうなるかはわかりません。
太陽に近づくにつれ,明るさは増すのですが,同時に太陽の熱で蒸発してしまったり,バラバラに分裂してしまうかもしれません。より明るさを増す程度に終わることを祈りましょう。
 
さて,彗星といえば,長く伸びた尾が特徴的ですが,これは彗星の中心部から放出されるガスやチリです。
注意したいのは,宇宙には空気がありませんから,進行方向と逆の方向にピューッと伸びるわけではありません。実は,太陽から吹きつける太陽風というものがありまして,その影響で太陽と反対の方向に伸びているのです。進行方向とは関係ないのです。
太陽の熱によって,彗星の中心部にある氷が解け,ガスが放出されるので,彗星の尾は太陽に近づいた時にしか出ませんし,最接近したあとの方が大きく見えるはずです。
 
では,どうやって見ようか……。
最接近は29日なのですが,あまりにも太陽に近いと見えにくくなりますし,目のこともあるのでオススメしません。
最接近後に太陽から離れていく彗星を観測するのがいいかと思います。
ずばり,29日以降の「日の出前の東南東の空低く」にいるはず!
太陽から離れれば離れるほど高度は高くなるので見やすくなりますが,同時に明るさは暗くなっていくので見にくくなります(笑)。
もちろん,インターネットで調べたり,観測グッズ,あるいはスマホのアプリ(『Comet Book』や『アイソン彗星を見よう』などが便利。AR機能あり。)を使えば場所の特定は簡単にできるでしょう。あとは見えるかどうかだけ……。
 
よく勘違いされるのですが,彗星は流れ星とは違います。
一瞬で見えなくなるものではなく,「普通の星に尾がついている」という感じです。
運が良ければ肉眼で見えますし,双眼鏡を使えばよりくっきり見えるはずです。
ただし,太陽の光が怖いので最接近する29日前後は,太陽観測衛星SOHOのウェブサイト(http://sohowww.nascom.nasa.gov/)などでインターネット中継を楽しむくらいにしておきましょう。
 
ところで,2013年3月に「パンスターズ彗星」というのが地球のそばを通過していきました。
ロシアに飛来した隕石の話題に埋もれてしまって,ほとんど注目されなかったのですが,このアイソン彗星は2013年度2発目の彗星なのです。 もう入試問題は出来上がっているだろうから,入試に出るかどうかはわかりませんが,彗星は計算により来ることはわかっているのです。これを見越して問題作成することは可能ですからね。
まぁ,書かされる程度に終わるでしょうが,書くならちゃんと書くこと。
特に「彗星」の「彗」は漢字で書くと失敗するかもしれません。
ひらがながいいね。

早起きできるかなぁ?


2013年11月28日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

12月まで暖房は使わない!寒さは気合で克服するんだ!と誓った三日後に風邪をひいた島田です。  
 
 
 

説得力が全くないのは重々承知ですが、風邪をひかないようにすることは大事です。
寒くなったら体の中からあたたまろう!というのが基本スタンスの私にとって、冬場は鍋料理が活躍する季節でもあります。  
 
 
 

鍋はいいです。  
安いし、作るのも片付けるのも楽だし、作りおき(4、5日連続も問題なし!)もきく。
もう、主夫の味方以外何ものでもない。  
それに、肉や魚、野菜もガッツリ食べられる。  
 
 

 

もうじき12月。体調を壊さないように、栄養をしっかりとって、受験まで突っ走ろう!


2013年11月27日  6:55 PM |カテゴリー: 島田

 こんにちは、山下です。
 
 中学入試・高校入試の社会の問題で、略称(アルファベット表記)を答える、あるいは選ばせるものがあります。勿論、入試に出題されるものは授業の中で扱うのですが、小学生の中には苦手な生徒が多く見られます。中学生になると苦労する生徒が減るので、やはり英語の知識があるのとないのとでは差があると言わざるをえません。
 
 ちなみに、入試で出題されるものをいくつかあげておくと、
 
[2文字]①集積回路 ②情報技術 ③欧州連合 ④アフリカ連合
[3文字]⑤自由貿易協定 ⑥経済連携協定 ⑦環太平洋経済連携協定 ⑧非政府組織 ⑨非営利組織 ⑩平和維持活動 ⑪政府開発援助 ⑫世界貿易機関 ⑬世界保健機関 ⑭国際標準化機構
[その他]⑮国連教育科学文化機関 ⑯国連児童基金 ⑰国際原子力機関 ⑱東南アジア諸国連合 ⑲新興工業経済地域 など
 
みなさん、すべて書けますか?
 
英単語を少しでも知っていれば、
・「情報」 → information
・「技術」 → technology
・「政府」 → government
・「平和」 → peace
・「維持する」 → keep
・「活動」 → operation
などで、少なくとも記号選択ならば答えを絞れますし、W(world:世界)、I(international:国際)、UN(United Nations:国連)を知っているだけでも覚える作業は楽になるはず。
 
 将来的に、小学校で本格的に英語の授業が始まるそうですが、英会話能力の向上もさることながら、語彙力もつけてもらえると、社会科としてはありがたいなあ……。
 
 最後に、念のため
①IC  ②IT ③EU ④AU ⑤FTA ⑥EPA ⑦TPP ⑧NGO ⑨NPO ⑩PKO ⑪ODA ⑫WTO ⑬WHO ⑭ISO ⑮UNESCO ⑯UNICEF ⑰IAEA ⑱ASEAN ⑲NIES


2013年11月26日  1:00 PM |カテゴリー: 山下

まいど、理科の瀬川です。
 
今回は、小論文や記述問題に役立つかもしれない理科のコラムを。
突然ですが、冷凍庫で氷を作っていると、どの部分から凍っていくのか知っていますか?
 
完全に凍っていない氷を取り出してみるとわかりますが、まわりが薄い氷になっていて、真ん中部分だけ液体の水の状態になっています。つまり、まわりから凍っていくのです。 まぁ、まわりから冷やされていくので当然といえば当然です。
ちなみに、冷凍庫で作る氷が白っぽいのは乱反射のせいですが、その原因となっているのは中に入っている空気の泡(気泡)です。 水が凍るとき、水の中に溶けていた空気が押し出されてしまいます。ところが冷凍庫で作る氷はまわりから凍っていくので、その空気はまだ凍っていない中心の水の部分に集まってきます。結局、その空気の逃げ道はなく、氷の中心部に閉じ込められるというわけ。
一方、池や湖の場合、底や側面の部分は土でおおわれているため、冬の冷たい空気の影響を受けるのは水面部分のみ。そのため、非常にゆっくりと水面から凍っていきます。水の中に溶けていた空気はまだ凍っていない下へ下へと追いやられ、上層部には透明度の高い氷が出来上がります。これを使った「カキ氷」なんかも有名ですね。 (もちろん、夏まで保管しておくのですよ。冬には食べませんから。)
 
この原理を使えば、冷凍庫の中で透明度の高い氷を作ることもできます。 また、機会があればお話します、自由研究課題として。
さて、どうしてこんな話をしたかというと、小学理科では『熱の伝わり方』を学習します。
「ビーカーに入れた水をあたためるには、下部から加熱し、対流を起こして全体を効率よくあたためていく」と。
このような、単純にあたためたり冷やしたりすることについては学習するのですが、異なる温度の物体を混ぜたり触れさせたりすることで起こる『熱の移動』を考えさせる問題は少ないのです。 計算が必要になる、熱量という考え方が小学生には難しい、などいろいろな理由があると思われますが、日常生活の中でも見かけますよ。
 
さて、ぬるい缶ジュースを急速に冷やしたい場合、皆さんならどうしますか?
こんな方法があります。
氷の上(缶の丸みに合わせてくぼみがあると最高)で缶を冷やすのですが、その時に缶をくるくる回します。つまり氷の冷たさをいつも同じ部分に与えるのではなく、缶の中央部分にあるぬるいジュースにも触れさせてあげるように攪拌するのです。こうすると効率よく全体を一気に冷やせます。この原理を使った冷却装置も開発されており、業務用なら缶や瓶に入った常温の飲料を10秒以内で5℃まで冷却できるそう。必要な時に短時間で冷やせるので、冷蔵庫などで常に冷やしておく必要がありません。また、必要なのはモーターを回転させるエネルギーだけですので、電力消費も微々たるものです。このように大幅なエネルギー節約にも役立つのです。 (攪拌の仕方や回転の速度を調節することで、炭酸飲料でも噴出させることなく冷却可能)
 
そういえば、お祭りなどの露店のジュース販売では、くぼみのある氷の上に缶ジュースを並べています。もしかしたら、さりげなくクルクルしているのかも……。 こうしたらよく冷える、という経験からなのかもしれませんね。 エネルギー問題はよく小論文のテーマにもあげられます。入試という場では出てこないかもしれませんが、知っておくと何か役に立つかも、です。
 
そろそろ、あったかい缶コーヒーが活躍する季節になってきました。 自販機で買ったとき、手に持てるくらいの熱さだったとしても、油断しないで下さい。 ためしに振ってみると、中心部にある熱いコーヒーが缶の表面にやってきて、手で持てないくらいの熱さになりますよ。お試しあれ。
 
注意:振るのは缶を開ける前にして下さい。隣の人がコーヒーまみれになってしまいますから。


2013年11月21日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

 こんにちは、山下です。
 
入試において知識が大きな『武器』となることに異論をはさむ人はほとんどいないでしょう。だからこそ、受験生は必死に暗記をしているのです。
しかし、最難関校になると、知識という『武器』だけで問題が解けるとは限りません。その『武器』を自在に使いこなせないと駄目なのです。
 
先日、授業で洛南高附中の過去問を扱いました。
 
[問題]次の表は、農業総産出額に占める米の割合が高い5つの都道府県とその割合(%)を示したものですが、1つだけ誤った都道府県が入っています。その都道府県名を答え、また、正しいものを次のア~オの中から選んで、記号で答えなさい。
     北海道 73.4%    ア 沖縄県
     福井県 69.4%    イ 富山県
     新潟県 62.5%    ウ 高知県
     秋田県 61.0%    エ 青森県
     滋賀県 59.6%    オ 岩手県
 
その時の私と生徒とのやりとりです。
 
A君:「これ全然わからへん。どうやって答えだすの?」
私 :「正解を出すために必要な武器はすでに与えてあるで~。」
A君:「嘘や!そんなん持ってへんし。」
私 :「じゃあ聞くで。地方別の農業生産額のグラフの見分け方について何度も説明してきたなあ。野菜の割合が一番高くなっている地方はどこやった?」
A君:「関東地方と四国地方。」
私 :「そうや。関東地方は近郊農業、四国地方は高知の促成栽培を思い出せばよかったやんなあ。じゃあ、畜産の割合が一番高くなっている地方は?」
A君:「北海道地方と九州地方!」
私 :「……。それが答えられて、なぜこの問題が解けない?北海道は畜産の割合が一番高いと自分で言ったんやろう?ほんなら答え出るやん!」
A君:「……。」
 
 最難関校の問題が難しいといわれる理由……、それは、知識を持っているだけでは駄目で、持っている前提で、それを自在に使いこなせることが求められているからです。勿論、最初に知識をつけた段階でそれを自在に使いこなせる人はいます(このような人は、あまり勉強時間を取らずに好成績を維持できるタイプです)。しかし、多くの人はそうではありません。訓練が必要です。そして、その訓練こそが「過去問を真剣に解く」ことであり、問題に対する記憶が残っているうちに「講師による解説を聞く」ことなのです。
 
 『武器』を自在に使いこなせ!


2013年11月19日  1:00 PM |カテゴリー: 山下

まいど、理科の瀬川です。
 
なんか、仰々しいタイトルですが、『セレンディピティ』のことです。
セレンディピティとは、脳科学の世界なんかでもよく使われる言葉ですが、何かを探している時に、別の価値のあるものを見つける能力のことです。
「人が何気無く思っていることでも、俺にはこう思えた」的な感じでしょうか。発明品の多くは、このセレンディピティから生み出されます。
接着剤を開発しようとしたのに、全然くっつかない、すぐにはがれるような代物ができてしまった。
 

開発者A「失敗だぁ〜。やり直し!」

開発者B「この欠点も見方を変えれば……」

この開発者Bのおかげで、貼ってはがせる付箋紙(ポストイット)が生まれたのは有名な話です。
 
短所は何かの長所になる、 失敗は何かの成功につながる、 こういった考え方ができるかどうか。
このセレンディピティは単なる幸運ではありません。心の準備が必要なのです。
起こった出来事(そのほとんどが不運なこと)に対して落胆するのではなく、見方を変えてとらえなおせるかどうか。
 
小6生は、この時期、模試ラッシュをむかえます。
成績がふるわないことだってあるでしょう。
「なんで、僕の苦手なとこばっかり出るねん」なんてこともあるでしょう。
何が出るかなんて、神のみぞ知る(作成者はわかっていますが)です。
単なる偶然ですが、それは神が仕組んだ偶然かもしれません。
『ここが弱いから本番までに、やっとけ』というメッセージかもしれません。
何があっても自分の目指すべき道で立ち止まってはいけませんよ。
頭の強さも必要ですが、心の強い受験生になってほしい。 落ち込む暇があるなら、勉強しましょう!
 
注意!
「成績が悪い=単なる勉強不足」という現実もありますからね。必然の結果から目を背けろと言っているわけではないですよ。


2013年11月14日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

中学生のころ『心狸学・社怪学』(著 筒井康隆)という本を心理学の本だと勘違いして購入した島田です。  
 
 

突然ですが、小説の読解問題の6割以上が「心情」に関わってきます。そして、その心情をいかに判断するかが大切です。  
一つの目安として言われるのが、「行動、表情、セリフ」から心情を読みとるというもの。  
で、この部分をもっと突き詰めたいと思い、心理学の本を買い、最近黙々と読んでいます。   
 

・ 『心理学入門』(渋谷昌三)            
行動には色んな意味があるんですね。
・ 『恋愛心理学入門』(渋谷昌三)          
別にもてたいわけじゃありません。『心理学入門』が面白かったからついでに買ったんです。断じて、これをカモフラージュするために他の本を買ったのではありません!本当だってば!
・ 『その気にさせるコーチング術』(高畑好秀)
スポーツ心理学の本。確実に小説の授業とは関係なくなっています。
・ 『もっとその気にさせるコーチング術』(高畑好秀)
もはや趣味と思われるかもしれませんが、私の読書は全て授業につながるのです!  
 
 

 

ちなみに……『心理学入門』によれば……  
① 両目が右上を向いている場合、過去の体験を思い出している。
② 両目が左上を向いている場合、見慣れない、聞き慣れないものを想像している。
③ 両目が右下を向いている場合、聴覚的イメージで考えている。
④ 両目が左下を向いている場合、身体的な運動をイメージしている。 
 

らしいです。  
ふふふふ……この知識を読解に利用して、もっと授業を面白くしてやる!と思ったら、そこまで細かく人物の行動を無機的に描写したら、文学として面白くない……つまり、文学としてありえないのでは?という残念な結論に至りました。   
 
 

ハハハハ(乾いた笑い)  
いいんです!授業の小ネタにはなるもん!   
 
 

本……高かったなあ……教室長!これ経費で……駄目ですか?


2013年11月13日  12:30 AM |カテゴリー: 島田

 こんにちは、山下です。
 
 11月24日(日)に「第6回五ツ木駸々堂模試」が実施されます。6年生にとっては最後の模試となりますので、高得点を取って、気持ちよく入試本番を迎えましょう。
 ということで、出題範囲の確認と、何を押さえておくべきなのかについて書きたいと思います(ただし、今回も具体的な内容については書きません。詳しくは、塾生対象の対策講座で扱います)。
 
①伊勢神宮を題材にした地歴総合問題
  時事問題を考慮した出題です。
 ・式年遷宮について
 ・過去の式年遷宮(その時に関連した歴史)
 ・その他の神社(出雲大社など)
 ・三重県の地理、歴史
②明治時代の歴史
 外交史のように部門史で出題されるのか、年表形式でいろいろ出題されるのかはわかりませんが、狭い範囲なので、とりあえず明治時代全般の復習が必要。
③世界の地理と現代の歴史
 一般的に、入試に出題されやすい国は、学校の教科書6年下に取り上げられている国。勿論、それだけがすべてではありませんが、まずは6年下の教科書の内容チェックをしておくべきでしょう。
④わたしたちの生活と政治
  内閣?地方自治?それとも両方?
・内閣
・地方自治
⑤日本の都市
 どこを出したいのでしょう?とりあえず有名な都市の確認をするしかない。
・都道府県庁所在地
・100万都市
・政令指定都市
・工業がさかんな都市


2013年11月12日  1:00 PM |カテゴリー: 山下

まいど、理科の瀬川です。
 
さて、昨年に引き続き、今年もまたこの時期がやってきました。 そう、中学入試における「時事問題」の対策を考える時期が……。
昨年も言いましたが、所詮小学6年生を対象とした入試ですので、専門的なことをつっこんで問題にすることはできません。単なる語句を聞くだけにとどまる可能性大ですが、知っているのと知らないのとでは話は変わってきます。 ということで、詳しいことは授業で扱う(または補助プリントを作ります)として簡単に触れておきましょう。
 
【特別警報発表】
台風18号の影響で、2013年9月16日午前5時5分に滋賀・京都・福井の3府県に大雨特別警報が気象庁より発表されました。
大雨特別警報は台風や集中豪雨により「数十年に一度の降雨量」となる大雨が予想されるときに発表されます。
このような特別警報は、2013年8月30日に運用が開始されたばかりで、我々もどういう位置付けなのかよくわからないかもしれませんが、名前の通り、警報を越えたものですので『最大級の警戒をせよ』ということです。気象庁では、『特別警報発表=今までに経験したことのないような異常な現象が起きそうです。ただちに命を守る行動をとってください。』とまで言っています。塾は無条件で休講決定ですね。
 
ちなみに、気象に関する特別警報は「大雨」「暴風」「高潮」「波浪」「暴風雪」「大雪」の6つ(いずれも数十年に一度という基準)があります。 さらに、「大津波警報」「噴火警報」「緊急地震速報」も『特別警報』という名はついていませんが、位置付けは特別警報と同じとされています。つまり、命を守る行動をとるくらいの警戒をすべき事項が9つあることになります。
 
さて、実際の入試ですが、
 

・特別警報という名称を答えさせる

・特別警報に該当するかどうかをきく(竜巻注意報などは含まれない、など)

くらいでしょうか……
 
特別警報を創設するきっかけとなったのは、 気象庁が○○警報を発表しても、必ずしも住民の迅速な避難につながらなかった、 災害発生の危険性が著しく高いことを有効に伝える手段がなかったため、とのこと。 たしかに、警報が発表されても、屋外に出てみて「何や、大したことないやん」みたいに油断している人もたくさんいるでしょうね。 危機感を伝えるってのは難しいみたいですね。
受験生諸君、自分の甘さに気づいたのなら、自分自身に『特別警報』を発表しておきましょう。 (ただちに、合格を勝ち取る行動をとってください。)
 

 
南区の大宮橋からの鴨川です。
増水によって一面が川となってしまったあと、中州にある草が全部なぎ倒されていました。 倒れている向きから水の流れた向きがわかるかと思いますが、見事なまでにぺっちゃんこです。 写真からはわかりませんが、水の流れの勢いは意外と強く、川底にある石も流れにそってキレイに並んでおります。川底の石の様子から流れる向きを判断させる問題もありますので、知っておいて下さいね。


2013年11月7日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

万年筆を使う機会を増やすために手帳を使う島田です。  
 
 

思えば、中学生の頃から手帳を使い出し、高校まで手帳を無駄に使っていました。何を書いていたか?木曜洋画劇場、金曜ロードショー、土曜洋画劇場、日曜洋画劇場で放送される予定の映画のタイトルだけ。  
勉強の予定は一切手帳に書かなかったな……勉強の予定は毎日1科両目1時間というわかりやすい両目標があったので。  
 
 

さて、大学に入ってからはリフィル式の手帳に憧れ、実際に使ってみたはいいものの書きにくく、能率手帳(見開き1週間で、毎日が1時間ごとに区切られている)を数パターン使いまわし、3年前からクオバディス(正方形の手帳です、見た両目が珍しいので)を使い始め、お洒落な感じで好きなんだけど、どうもどこか使いにくい。ほぼにち手帳にも若干の憧れがあるのですが、理科の渡邊とおそろいっていうのも……ねぇ。  
  

何かいいものないかなと探しているとき、『趣味の文具箱』という文房具(主に万年筆マニアが読む)専門誌を読んでいたら……ありました。  
ありましたよ、私好みの手帳。  
今年(から)は、「コクヨ ジブン手帳」。  
 
  

ふふふ。これで趣味も仕事の予定もばっちり管理してやるぜ!と既に高まっています。  
 

ちなみに私の手帳は、予定も書き込まれますが、主に「To doリスト」と、思いつき備忘録です。  
 

仕事にしろ、勉強にしろやるべきことを明らかにし、優先順位をつける「To do リスト」……これはオススメです。   
 
 

追記  
思い出してみると、手帳が年々巨大化しています。いつかはジャポニカ学習帳になってしまうのかもしれない……。  


2013年11月6日  12:29 AM |カテゴリー: 島田

Page Top