ブログ

 こんにちは、山下です。前回の続きとして、入試でおさえておくべき日本の世界遺産について書きますので、参考にしてください。
 
 大変だと思いますが、まずは日本の世界遺産(自然4個、文化14個)はすべて覚えてください。なお入試では、世界自然遺産とナショナルトラスト運動で保護されているところ、ラムサール条約に登録されているところなどと混乱させようとする出題がありますので、きちんと区別しておいてください。そのうえで、それぞれに必要な関連事項を頭に入れていきましょう。
 
 世界自然遺産4個とは、
 
[白神山地]
 ・青森県、秋田県の県境(地図で選ばせる問題も多い)にある
 ・「ぶな」の原生林が広がっている
 
[屋久島]
 ・鹿児島県(やはり地図で選ばせる問題が多いので、隣の種子島と区別しておきましょう)にある
 ・樹齢数千年の縄文杉や屋久杉がある
 
[知床]
 ・北海道の知床半島(オホーツク海に面し、冬には流氷が接岸する)と沖合の海が含まれる
  ※知床半島はナショナルトラスト運動で保護されている地域でもある
 ・海と陸との食物連鎖を見ることができる貴重な自然環境が残っている
 
[小笠原諸島]
 ・東京都に含まれる諸島
※人が住んでいるのは「父島」「母島」のみで、他にも太平洋戦争で激戦が繰り広げられた「硫黄島」、日本最南端の「沖ノ鳥島」、日本最東端の「南鳥島」などが含まれる
※「南鳥島」の沖合の海底には大量のレアアース(希土類)が存在していることが判明した
 ・一度も大陸と繋がっていたことがないため、固有種が多い
  →「東洋のガラパゴス」と呼ばれている
   ※ガラパゴス諸島はエクアドル(「赤道」という意味)の島で、ダーウィンが『進化論』を唱えるきっかけとなった場所でもある
 ・太平洋戦争後占領されていたが、1968年に日本に返還された
 
 
 文化遺産14個とは……と書こうと思いましたが、量が多くなるので今回はここまでとします。


2014年9月30日  1:00 PM |カテゴリー: 山下

まいど、理科の瀬川です。
 
今年も時事問題を考える時期になってきました。
「時事問題①」と書きましたが、「時事問題②」があるかどうかはわかりません……。
まぁ、思いつけば書いていくことにします。
 
さて、今年は何といっても入試問題として出題しやすい『月』の話題が豊富です。
以前紹介した「スーパームーン」を問題の導入部分に出し、そのまま「ごく普通の月の問題」に持ち込んできたりもします。そう、あくまで問題のきっかけとして使うだけなんてこともあるのです。
だから月全般の問題を警戒しておいた方がいいでしょうね。
 
さらに、月の話題は続きます。
2014年10月8日に、日本全国で『皆既(かいき)月食』が見られます。
月食とは、満月が地球の後ろにできる影の中に入ることで、満月なのに欠けていっちゃう現象です。
一部分だけ欠けることを「部分月食」、全部見えなくなっちゃうことを「皆既月食」といいます。
「欠けている月(三日月など)だったら見たことあるもん。」
なんて言わないでくださいよ。 わずか数時間の間に満月がみるみる欠けていき、そしてまた満月に戻ってくるんですよ。
普段、見ている月と一緒にしないでください!
月食は日食と違って、観測できる地域も広く(夜だったらいいので、地球全体の半分の地域)、日食グラスなども必要ないので簡単に見ることができます。
あとは天気さえ良ければ……。
 
国立天文台によると、京都では、
 

月の出  17:23 
部分月食の開始  18:15 
皆既月食の開始  19:25 
皆既月食の終わり  20:25 
部分月食の終わり  21:35 

 
となっています。
 
月食はもちろん満月のときですから、上記時刻から考えると、 皆既月食が見られるのは、南中よりも前。
東南東の方角で高度は25度~35度くらいになります。
う~ん、もうちょっと高度が高いと街中でも見やすいんだけどなぁ。
 
あっ、ひとつ言っておきますと、皆既月食は満月が完全に欠けてしまう現象ですから、皆既月食をピンポイントに狙って観測すると、月がどこにあるのかわからないかもしれません。
実際は、真っ黒になるわけではないので見え……、やめときましょう。
ご自分の目で確認してみてください。
そんなに時間もかからないので、部分月食から見るのがオススメです。
 
なお、国立天文台では、より多くの方に皆既月食を見てもらおうということで、「皆既月食を観察しよう2014」キャンペーンを行っています。
興味のある方は、 『 皆既月食を観察しよう2014 』で検索してみてください。
 
ちなみに、10月8日は水曜日。
ぎゃ~、授業中じゃないですかぁ~。む~。


2014年9月25日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

万年筆での採点を楽しむ島田です。  
    

    

毎年の事ながら、採点が辛すぎる!という声を何件か頂戴します。   
ごめんなさい、確かに厳しいです。   
   
 
 
  

なぜ、厳しくするのかというと・・・・・・   
   
   
  

雑な漢字を書いて、入試で減点されて欲しくないからです。もう、これにつきます。   
(そうですよ、意地悪じゃなかったんですよ)   
   
    
  

 

では、入試での採点基準は?といえば、学校によってけっこうバラバラ。  
いろんな学校の説明会に参加して、情報を集めた結果・・・・・・以下のようになりました。  
  
   
  

・ 「奈良学園」などは、書き取り問題の場合は、虫眼鏡を使い一文字一文字細かく採点。  
・ 「洛南」などは、トメ・ハネ・ハライまで、しっかり見る。  
  
 
  

と、公言されています。  
しかし、その一方で・・・・・・  
・ 読めさえすればOK  
・ 画数さえあっていればOK  
という、生ぬるいカスタードクリームのような採点基準を採用する学校があるのも事実。  
   
 
   
  

ここまで読んでくると、自分の志望校の採点基準が気になりますね。  
・・・・・・ごめんなさい。学校によっては採点基準を教えてくれないところもあるので、何ともいえないのですが、わかる範囲ではお答えしますので、お尋ねください。  
   
  
  

さて、漢字の採点基準もわかったこともあるし、漢字検定を申し込みましょうか(笑)  
  
11/1の正午から試験開始です。  
申込締切は9/30、お忘れなく。  


2014年9月24日  12:16 AM |カテゴリー: 島田

 こんにちは、山下です。
 
 さて、中学入試の社会において、『世界遺産』に関連した出題が多く見られます。ということで、数回に渡って、入試で必要な世界遺産に関する知識について書いていきます。受験生は勿論、受験生をもつ保護者の方も是非参考にしてください。
 
 さて、世界遺産を登録するUNESCO(ユネスコ/国連教育科学文化機関)が行っている仕事に、『三大遺産事業』というものがあります。
 1.無形文化遺産
 2.記憶遺産
 3.世界遺産
 
1.無形文化遺産
その名前の通り、後世に残すべき形のないものを登録しています。具体的には、「芸能」「伝承」「社会的慣習」「儀式」「祭礼」「伝統工芸技術」「文化空間」などを対象としています。日本では、能楽、文楽(人形浄瑠璃)、歌舞伎、京都祇園祭の山鉾行事、アイヌ古式舞踊、和食をはじめとして、現在22個が登録されています。
 ・能楽…室町幕府3代将軍であった足利義満が保護した芸能で、観阿弥、世阿弥(『風姿花伝』を著す)父子が活躍
 ・人形浄瑠璃…江戸時代、近松門左衛門(元禄文化を代表する人物で脚本家で、『曽根崎心中』が代表作)の脚本で人気を博す
 ・歌舞伎…安土桃山時代に出雲出身の阿国が始め、江戸時代に庶民に広まり、人気役者は浮世絵に描かれた
 
2.記憶遺産
危機に瀕した歴史文書や書物を、最新のデジタル技術を駆使して保全し、広く公開することを目的にしている。日本では、山本作兵衛の筑豊の炭鉱画、『御堂関白記』、慶長遣欧使節関係資料の3個が登録されています。
 ・筑豊炭田…明治時代、日本最大の炭田であり、八幡製鉄所が北九州に建設された理由の1つ
 ・『御堂関白記』…摂関政治の全盛を築いた藤原道長の日記
 ・慶長遣欧使節…1613年に伊達政宗が支倉常長をスペイン国王、ローマ法王のもとへ派遣した使節
 
3.世界遺産
世界遺産は「自然遺産」「文化遺産」「複合遺産」の3種類に分類できますが、日本では「複合遺産」に登録されているものはないので、「自然遺産」と「文化遺産」をおさえておけば大丈夫です。特に2014年に富岡製糸場が「文化遺産」に新たに登録されたことから、時事問題との絡みでも重要となります。実際に中学入試でも、大問1問すべてが世界遺産に関連した問題で構成されている場合もあります。具体的におさえておくべき内容については、長くなるので、次回ということにしましょう。


2014年9月23日  1:00 PM |カテゴリー: 山下

 こんにちは、誕生日に6年生からとても嬉しい(謎の祝いの)お手紙を大量に贈られた、釜口です。 
 

 自称いつも優しい国語科のS先生からは、金銀銅のちょっと高級そうなコンビニのプリンを頂きました。算数科のM先生からは、少し前にパソコン器具を全て新しくして頂きました。ありがたやー。ありがたやー。  

 

 それはさておき、小学3年生の基本算数講座でも「日々の算数プリント(日々プリ)」が始まりました。高学年のお兄さん、お姉さんはもう毎日取り組んでいますよね。小学3年生はくま塾工房の宿題にも慣れてきたこの時期からスタートします。 
 

 この「日々プリ」は、毎日1ページずつ計算問題を解いていくというものですが、これがなかなか難しい。何が難しいかというと、毎日1ページというルールの継続が難しいのです。一日で全て解いてしまう子、用事があって今日はできないとそのページをとばす子、次の日に昨日の分の問題も解くという子など・・・・・・結局、毎日1ページの問題を解くというルールを無視することになってしまいがちです。 
 日々プリは、毎日毎日少しずつ計算することで、「計算に慣れること」「計算力をつけること」を目的にしています。毎日の積み重ねが大切なのです。
  

 ところで、私は小さい頃から毎日取り組んでいることがあります。 
それは、朝晩の歯磨きを10分以上することです。 
学校のテスト勉強で徹夜した日も、合宿や旅行で普段とは違う場所で過ごした日でも、更には寝過ごして学校に遅れそうになった日でさえ、歯磨きはいつも10分以上していました。それを見た友人には、長すぎる・・・・・・歯が溶けるんじゃ?と心配されるほどです。  

昼の歯磨きはそんなに長くはしないのですが、朝晩の歯磨きはもう習慣付けられているためか、じっくり磨きます。その成果でしょうか、今までで一度も虫歯になったことがありません。歯医者さんにお世話になったのは、親知らずが痛かったときだけです。 
 

 つまり、私が言いたいのは、日々プリも毎日習慣付けて解いていれば、何かしらの成果が得られるということです。貰った日に全部解いてしまいたい!と思っても我慢して、毎日1ページずつ解くように習慣付けましょう! 
  毎日の習慣付けって大事だよね。というお話でした。 


2014年9月20日  10:00 AM |カテゴリー: 未分類

まいど、算数科の瀬川です。
 
みなさん、地球って大きいですよね。
地球一周の距離はおよそ40000kmもあります。
とても大きな球(表面のデコボコは無視しています)なのです。
 
では、ここで問題です。
地球の表面から1m上の部分を一周すると、地球一周の距離40000kmよりどれくらい長くなってしまうでしょうか?(図の赤い円ですよ)
直感で答えてみて下さいね。
1kmくらいでしょうか?
それとも10kmくらいでしょうか?
 

 
 
 
 
だまされてはいけません。 答えは、およそ6mです。
地球の直径が2mだけ増えるということは、円周は2×3.14=6.28m 増えるだけですからね。
いかがですか?
ほとんどの人がもっと増えると思ったんじゃないですか?
計算してみれば誰でもわかることなのですが、我々のイメージと実際の答えがずれることってよくあります。でも、計算によって導き出された数は、当然、イメージなんかに惑わされません。いつも正直なのです。
算数の文章問題や理科の計算問題だって、そう。
×(かける)のか、÷(わる)のか……。
きちんと理屈がわかって論理を展開すれば、出てきた答えは確実に正解になります。
計算結果は嘘をつきません。
そこまで自信をもって問題に当たれるようになれば成績はブレなくなりますよ。
 
さて、今日は9月18日です。
おおざっぱに言って入試まで、あと120日です。
ですが、1日24時間ずっと勉強していられるわけではありません。
土日の存在も考慮し、塾での勉強も含め、いわゆる受験勉強ができる時間を1日8時間としましょうか(ちょっと多めにしておこう)。
ということは、あと、8時間×120日=960時間ですよね。
4教科の勉強をするなら、1教科あたり960÷4=240時間。
これって丸十日しかないってことです。
1教科あたり、10日間不眠不休で勉強したら、もう入試です。
 
あと、入試までどれくらいあると思っていますか?
「直感との開きがどれくらいあるか」は人によって様々ですが、そのズレをわかっている人とそうでない人とでは、ここからの過ごし方が変わってきますよ。
焦りなさいと言っているわけではありません。
「あと4ヶ月」
この言葉にだまされてはいけませんよ、ということです。


2014年9月18日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

食費を削って趣味に使う島田です。  
  
 

80分しか記憶のもたない数学者の話『博士の愛した数式』・・・・・・ウン、いい話だね。  

引き換え、最初の3行しか、文字を丁寧に書けない私・・・・・・ウン、残念だね。  
  
 
 
 
   
   

  

子どものころから、文字の汚さには「定評」がありました。   
しかし、職業上「丁寧に漢字を書きましょう」と言わざるをえない。自分のことは盛大に棚に上げて注意をする・・・・・・ウン、みっともないね。   
というわけで、万年筆にはまって、美文字の練習を始めたのが6、7年前。  
 
 

 

努力の甲斐合って、今では誰もがうらやむ涼しげで優しさのあふれる美文字にな・・・・・・っていません。(がっくり)  
 
 
 

テスト採点や、ノートチェックのたびに自分の書いた文字を見て、恥ずかしくなります。  
ああ、美しくない字だ・・・・・・  
 
 
 
  

あれだけ「良い万年筆」を買って、この字では宝の持ち腐れもいいとこです。  

   
   

   
  

   

というわけで、チョコチョコとペン字練習帳を開いて、自分の字を修正するのですが、道ははるか遠い。  
 
 

しかし、ペン字練習をサボるとすぐに字が乱れます。  
 
 
困ったものです。覚えたはずの文字のバランスや強弱は、あっという間に頭から蒸発します。  
 
 
 

だから、それを維持する努力が必要なのです。  
 
 

さて・・・・・・漢字の力を維持または強化するためにも「漢字検定」をいかがですか?  
 
 

11/1の正午から漢字検定の試験を行います。  
申込締切は9/30です、お忘れなく。   


2014年9月17日  12:13 AM |カテゴリー: 島田

 こんにちは、山下です。引き続き、9月以降の公民・時事問題の勉強について書いていきますので、参考にしてください。

[公民分野]
 
・まずは自分の受験校が公民分野を出題するのかを確認してください。一切出題しない学校もありますので注意が必要です。また、配点のチェックも重要です。配点が少ない学校ならば10%程度、多い学校になると時事問題を含めて35%前後に達します。それによってかけるべき勉強時間を決めましょう。
 
・どの中学校を受験しようとも、公民分野の中で出題頻度が高いのは「憲法」「国会・内閣・裁判所」「国連」です。まずはこの3つの単元を優先しましょう。
 「憲法」…三大原則を中心に、日本国憲法の特色を理解しましょう。大日本帝国憲法との比較、条文の穴埋め問題にも対応できる必要があります。
「国会・内閣・裁判所」…三権分立の図は完璧に覚えましょう。また、国会、内閣、裁判所の役割、仕事をおさえてください。『次の中から国会の仕事として誤っているものを選びなさい。』などは頻出ですよ!
「国連」…国際連盟と国際連合の区別、比較が必要です。国際連合は、機関の名前が結構出題されます。主要機関は勿論、ユネスコやユニセフに代表される専門機関や補助機関も頭に入れておきましょう。
 
・学校によっては「財政」「社会保障」「地方自治」など、他の単元も出題されます。過去問の傾向を踏まえ、何をどこまで時間をかけてやるのかを判断してください。
 
 
[時事問題]
・秋になると、様々な塾や出版社から時事問題の本が出版され、書店に並びます。私自身も保護者の方から毎年のように「時事問題の本を買うべきですか?」「時事問題の本を買おうと思うのですが、どれがいいですか?」という質問を頂戴します。その時の私の返答は決まっています。
 
→「入試に必要なことはすべて塾でやりますので、購入する必要はありません。しかし、周りの子供たちが持っているのに自分が持っていないことで不安を感じるようなお子さんならば、精神安定剤として買ってもいいでしょう。ただし、時事問題の本は、基本的に関東の塾が作成しており、関東の中学入試に対応するものとなっています。そのため、関西の中学入試では不要なことが多々入っていることを知っておいてください。どれを購入すべきかについては、精神安定剤的な要素が強いので、本人が見やすいものを選ばれればいいでしょう(別の言い方をすると、どれでもOKということです)。」
 
・時事問題は受験校によって出題比率が大きく異なります。また、時事問題が出題されるといっても、
リード文でしか使用しない場合、時事用語を直接問う問題、時事用語に関する正誤問題と様々です。そこで、まずは自分の受験校の過去問の傾向から、どこまで時事問題について勉強すべきなのかを考えましょう。
 
なお、どうすればいいか分からないことが発生した場合は、積極的に塾の先生に聞こう!


2014年9月16日  1:00 PM |カテゴリー: 山下

こんにちは、最近隣にいる国語科S先生の引き出しにフランスパンが挟まっているのが気になってしょうがない、釜口です。  

さて、またまた遅くなってしまいましたが、低学年の子供たちが参加してくれたサマーキャンプについて報告したいと思います。(国語科のS先生が遅い・・・・・・と呟く声が聞こえてきますが、あえてスルーします。) 
もちろん、他の教室の子供たちも一緒です。全員で40名ほど参加してくれたそうです。高学年の勉強合宿と日にちが重なっていたため、付き添いに行けなかったのが残念です。 

  
このサマーキャンプでは、岐阜県でおもいっきり遊ぶことを学びます。
川遊びのエキスパートたちによる本格的な川遊び。みんなでゴムボートに乗って海賊ごっこ。それだけでなく、なんと、釣りもしたそうです。楽しそうですね。大物は釣れたのでしょうか、鯛とか、鯛とか、鯛とか。鯛が食べたい今日この頃です。まあ、川に鯛はいませんが。 

また、鍾乳洞探検では、「中にコウモリがいたよ。」と帰ってきてから楽しげに話してくれました。歩くと30分かかる鍾乳洞を本格的な探検セットを持って、みんなで探検したそうです。鍾乳洞の中は涼しくて真夏には天国のようだったと呟いていました。なんて羨ましい。 

そして、このサマーキャンプでの工作は、食品サンプル作り!本物の鉄板の上で作る本物そっくりのお好み焼きストラップは、一人一人個性が出た作品ばかりで、見せてもらった私も「おお・・・・・・。」と唸るほど、すばらしい出来栄えでした。
 

最終日には、お城や城下町の散策をし、お母さんやお父さんにお土産を買い、無事に帰ってきました。ほとんどの子供が美味しそうなハムを買ってきていたのには驚きました。ハム、有名なのでしょうか。 

 勉強だけでなくリフレッシュも多かった低学年合宿。また、存分に夏休みを味わったサマーキャンプ。楽しいひと夏の思い出になったことでしょう。
 

 よーし、来年もみんなで一緒に行こう! 


2014年9月13日  11:59 AM |カテゴリー: 未分類

まいど、理科の瀬川です。
 
9月5日(金)に、清風中学校の入試説明会に行ってきました。
学校ではなく、梅田にある新阪急ホテルでの実施です。
清風といえば、あの伝統の円形校舎が有名ですが、新1年生は7階建ての新校舎での勉強となります。
私としては、あの円形校舎がやっぱり清風の象徴みたいなものでしたから残念な気持ちがありますが、実際に勉強する中学生たちにとっては、新校舎がいいんでしょうねぇ。まぁ、うらやましい気持ちも多々ありますが……。
 
清風中学校といえば、大阪に4校しかない数少ない男子校(女子校は16校、共学校は46校あります)の1つです。
「やっぱり共学ではなく男子校がいい」なんて男の子にとっては、うれしい学校です。
さて、肝心の学習カリキュラムはどうかというと、もちろんしっかりしておられます。
ネイティブの先生による英作文指導(細かい日本語のニュアンスをネイティブの先生がわかっていないとダメなので結構すごいこと)をはじめとする英語教育はもちろんのこと、理科教育(男子校の方が理系教育はやりやすい?)にも力を入れていくとのこと。
さらに、国語力アッププロジェクトとして、論述指導や小論文指導も徹底的に行っています。
まるで赤ペン先生のように添削していきます。
ここまでやると相当ハードワークになるだろうと思ってしまうほど。
とにかく、大学入試へつながる形の勉強を展開している印象を受けました。
 
なお、私は大阪出身なので、清風中学校といえばマンモス校というイメージがあります。
実際に大阪府下の私立中学校の中では唯一1000人を超える生徒数を誇っています。
それだけ生徒数が多いと、それに見合う形で教職員の数も必要になってくるでしょう。
たくさんの先生方がスクラムを組んで生徒の指導にあたっているという印象が強い学校、それが清風中学校です。
(教職員1人当たりの生徒数を調べたわけではありませんので、すごいかどうかは別として……。)
 
理Ⅰコース・理Ⅱコース・理Ⅲコースと難易度に応じた(目指す大学が違う)3つのコースを用意し、合計で400名もの募集人員(男子校なので男子だけで400名です)。
大阪府下の男子受験生なら、どういう学校なのか一度見てみるのもいいと思いますよ。
 
ところで、清風中学校は私の母校ではありません。
でも、なぜか身近に感じる清風。
どうしてか?
実は、中学生のころ、清風中学校の近くにある塾に通っていました。
だから道でも最寄り駅でも、とにかく清風中学校の制服を見かけた。(私は公立中学校~!)
そして、苦しかった受験勉強を支えていた、私にとっては「受験の味」とも言えるパン。
清風中学校の子も食べていました。(同じ釜のめしを食ったという感じ??)
そう、某塾の裏手にある「木村屋」のパン。
 

 
今ではあまり見かけなくなった街のパン屋さんです。
23年前にこれでもかってほど食べた木村屋のパン、食べてみました。
いやぁ、懐かしい。当時の味そのままです。
そう、ここのピロシキが異様においしいのです。
未だにここ以上のピロシキには出会ったことがありません。
清風中学・高校の学生ならびに、とある塾(上本町教室)の塾生で、このパンの味を知らないなんてモグリですよ、ほんと。
 
塾生のみんなにとっては、お母さんが作ってくれたお弁当が「受験の味」になるでしょうね。
あとになって忘れられない味にきっとなっています。感謝して食べるようにしましょう!
 
後半、だいぶ話がそれてしまいました……。
あまりにも懐かしかったもんで……。失礼しました。


2014年9月11日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

Page Top