ブログ

まいど,理科の瀬川です。
 
「タイムマシンがあったらなぁ。」

未来へ行って何を見ますか?
過去へ行って何を変えたいですか?

子どもなら誰しも、いや、大人でさえもそんな非現実的なことを思うことがあるでしょう。
残念ながら、現代の科学をもってしても、タイムマシンは作ることができていません。
 

※ アインシュタインの一般相対性理論やワームホールなど難しい話を出すつもりはありません。私も全くわかっていませんから……。

 
さて、タイムマシンが存在しないことについては、いろいろな意見があります。
① 「だって、未来から来た人に会ったことがないもん。」

うん、子どもを納得させるには、これが一番いいでしょうね。シンプルです。

② 「もし、あなたが過去へ行って両親の結婚を妨害したらどうなる?」

有名なタイム・パラドックス(矛盾)です。
あなたが産まれてこないことになりますが、あなたがいないのなら、この結婚の妨害もできなかったことになり……。もう頭の中がこんがらがってきますね。
あなたが産まれた未来と、産まれてこなかった未来の2つの時間軸が存在すると考えることで解決できる(並行世界)が、もう考えるのはよしましょう。

 
受験の世界は、つらく厳しいもの。
どんなにがんばっても(がんばった「つもり」の場合もありますが)、良くない結果になることがあります。
「もっと、がんばっておけばよかった。6年生の最初に戻りたいなぁ。」なんて、定番の後悔でしょうか。
でも、タイムマシンはないんですよ。そうなったときに言っても手遅れですから、前もってタイムマシンがないことを子供に伝えておくべきでしょうね。(上記①②を説明してあげてください)
 
いやいや、こんなことを言いたかったのではありません。大切なのはここから。
 
「過去-現在-未来」は、1つの時間軸でつながっているのです。
現在とは過去にとっての未来であり、未来にとっての過去だと考えましょう。
そして、タイムマシンを題材とした小説や映画などでは、よくあることです。

『過去でのちょっとしたことが、現在の世界に大きな影響を与えることになる。』

だったら、こうも言えませんか?

『現在でのちょっとしたことが、未来の世界に大きな影響を与えることになる。』

良い未来にしたいのであれば、今をがんばるしかありません。ほんのちょっとしたことでもいいんです。何かを始めましょう、何かを変えていきましょう。
 
そして、こんな言葉も紹介しておきます。

『未来を知ることは、同じ未来が手に入る確約じゃない。 未来を知ってしまったらがんばれないことだってある。先が見えないからがんばれるのです。』

と、漫画に書いてありました。(笑)
「不安だからこそ、みんながんばれる」ということですね。
 
それでも、タイムマシンが欲しいと思うなら、家に帰って、机の引き出しを開けてみてください。
どうですか? ありましたか?
ダメなら、押し入れの中をのぞいてみましょう。
どうですか? いましたか? あの青い……。
 
不安(ふぁん)♪ 不安(ふぁん)♪ 不安(ふぁん)♪ だ~から べんきょする 受験生~♪
 

がんばりましょう!

 
追記

1989年のアメリカ映画で、『バック・トゥー・ザ・フューチャー パート2』というのがありました。
お父さん、お母さんならご存知でしょう。
あの映画の中で主人公マーティ・マクフライがタイムトラベルするのが、2015年10月21日です。
あと半年ほどですね。
楽しみだなぁ、デロリアン。まぁ、日本には現れないでしょうが……。

2015年4月30日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

かつて「ケイゾク」というドラマ(原作は嫌い)が好きだった島田です。  
  
   
 

雨が降ると自転車に乗れないのが辛いです。乗れなくはないですが、傷むんです。それにタイヤのグリップが落ちるので、危ないのです。  
そんな日はバスで通勤です。バスの中でひたすら居眠……ではなく、読書をするのもいいものです。目が悪くなるとも言われますが、乗り物になぜか酔わない私は、その特性を活かし、時間を有効利用するまでです。  
いい年こいて、バスや電車の中で必死にスマホでゲームする人間にはなりたくないものです。  
   
   
  

雨の日に、寒くなければ自宅の窓を開けて、雨の音を聞くのは好きです。下手なBGMよりよほど、落ち着きます。

しかし、そんな雨も二日以上続くと、憂鬱です。  
ええ、自転車に乗れないもの。  
  
  
 

二、三日自転車に乗れなかった後、待ちに待った自転車通勤。  
実はこれが意外と辛い。  
何と言うか、体が自転車の乗り方を忘れてしまう。ペダルが上手くこげない。いつもと同じように、ペダルを回しているはずなのに、時速5kmほど遅い。  
   
 

そう、これが「鈍(なま)る」という感覚です。  
   
   
  

しかし、普段から毎日乗っていない人は、「鈍っている」という現実にすら気付けません。  
   
   

そう、勉強も同じ。  

日々、刃を研いでおかないと、どんどん切れ味は落ちますよ。  
   
   
  

比喩をまじえて、随筆風に書いてみました。  
さて、問題です。  
筆者の主張は何でしょうか。  
  
 


2015年4月29日  12:36 AM |カテゴリー: 島田

まいど、理科の瀬川です。
 

「先生って、食べ物で何が好きなん?」とよく生徒に聞かれます。
「フライドポテト」というお決まりの答えをいつも用意しているのですが、よく考えると、もっと身近に(というか当たり前すぎて忘れていました)欠かすことのできないものがありました。

「白米」!

おかずという意味ならば、答えとして不適かもしれませんが、今まで口にしてきた食べ物の中で圧倒的に多い。「普通そうだろ?」と思われるかもしれませんが、『圧倒的に』なのです。だから、これが正解な気がします。

 
さて、くだらない話はいいとして
宇宙航空研究開発機構(JAXA:ジャクサ)が、今から3年後の2018年度内に、無人探査機を月面に着陸させる計画を発表しました。
当たり前すぎて忘れられがちですが、月は地球に最も近い天体で、とても身近な存在です。
ですが、日本はまだ月面着陸を果たしていません。
最終決定は今年の夏のようですが、もし成功すれば、何と世界で4ヶ国目になるのです。
 
打ち上げは、新型ロケット「イプシロン」。
これは固形燃料を使うタイプなので、種子島宇宙センターではなく、内之浦宇宙空間観測所(こちらも鹿児島県)です。
この「イプシロン」に、月面探査機「SLIM(スリム)」を搭載し、打ち上げます。
1960年にアメリカが「アポロ11号」で月面着陸を果たしたときには、着陸地点が予定よりも1km以上もずれましたが、この「SLIM」は100m程度の誤差にすることを目標にしています。
デジタルカメラ等で使われている顔認識技術を応用し、クレーターを認識して着陸地点へと向かう(もちろん、「かぐや」のデータも利用)とのこと。技術は応用してなんぼって感じですかね。
 
なお、2005年に「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に着陸を成功させていますが、月とイトカワでは重力が違います。月への着陸の方が難しいでしょう。
「ひてん」「かぐや」など月に関しては様々な成果を残してきた日本。期待しておきましょう。
 

「ひてん」

1990年、月の軌道面に探査機を送り込む(世界で3ヶ国目)実験で活躍。

「かぐや」

月周回衛星。2007年に月面のハイビジョン撮影に世界で初めて成功。

 
ちなみに、JAXAが目指しているのは、将来の資源探査のための技術確立です。
地球の資源がそれほど心配されているということなのでしょうが、私としては、それ以降の入試で月の問題が増えるのかなぁ、ということの方が気になる……。
 
《補足》

私のスリム計画は……
3年後の2018年度までに10kgほど痩せようかなぁ。(と思っているだけ)

2015年4月23日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

昨年からジブン手帳を愛用する島田です。  
   
  

さて、先日「フォーサイト ふりかえり向上手帳」なる落し物を教室で発見しました。それにしても、フォーサイト……どこかで聞いたことのある名だなと思い、調べたら通信教育の会社でした。あっ、ここ以前に利用したことあったわ(笑)  
  
   
 

手帳の活用方法は、十人十色ですが、最近は中高生用の勉強手帳のようなものもよく見かけます。  
  
   
   

その中でも、これは使えるなと思えるのが「To Do List」。つまり、今日中(今週中、今月中)に何をしなければならないのかというリストです。   
教室長の織田も、私もこのリストを自作して活用していますが、なかなか楽しいです。宿題をよく忘れてしまう方は、この「To Do List」を利用してみるのもいいかもしれません。   
   
   
   

ちなみに、私の手帳には「読書記録」のページを作り、何月何日に何の本をどこまで読んだか記録できるようにしてあります。
これも、楽しい。   
「To Do List」が未来のリストなら、「読書記録」は過去のページ。   
これを見れば、自分の足跡がわかるばかりか、何日読書をさぼったかが一目瞭然。  
どれ……(パラパラと手帳をめくると)  
「げっ、ここ3日間、漢検の勉強していないじゃないか!」  
と、まあ、こんな恥ずかしいことも教えてくれます。  
何とも恐ろしい。  
はい、そこで笑っている貴方!漢字練習の記録をつけてごらん。そうすると、想像以上に勉強していない事実に気付かされるから。  
 
 
   
 
 

それにしても、「ふりかえり向上手帳」……誰のだろう……持ち主は早く取りに来てくださいね。


2015年4月22日  12:34 AM |カテゴリー: 島田

2月に漢検準1級を200点満点中131点で堂々と不合格した愚かな島田(注意:国語科ということは内緒)です。  
   
   
   

そんな恥ずかしい過去を公開するくらいに、私は復讐に燃えています。  
   
   

今日はブログのネタに困っているので、そんな私がどんな勉強をしているのか、「公開」します。  
  
  

テキストを一通りやり終えて、最近は実戦形式で問題を解いているのですが……  
1. とりあえず、解く。  
2. 丸つけをし、暗記が不十分な部分を探す。(採点は二の次)  
3. 間違えた漢字の「読み、書き、意味」を、専用ノートに書く。(このとき、行や列をあまりそろえないのが島田式)  
4. 専用ノートを何度も見返し、間違えた問題を徹底的に覚える。  
5. 翌日、間違えた問題も正解した問題も含めて、全て解き直す。  
6. 2~4を繰り返す。  
  
 
 
 

こんなところでしょうか。  
今のところ、手元に予想問題及び過去問が約20年分あるので、今後たくさん問題を解けます。  
ちなみに、今のところの成績は……  
予想問題A 1回目161点 2回目194点  
予想問題B 1回目173点  
合格点は160点だから、ぎりぎり許される範囲内でしょうか。  
いいえ、これでは、まだダメダメ。  
もし、間違えた問題(Aの39点分と、Bの27点分)が全て、本番に出題されていたら、私は不合格なのです。  
  
   
 
  

合格点が160点とはいえ、190点以上はとらないと安心はできません。   
  
  

さて、今夜も漢字の勉強だ♪


2015年4月15日  12:32 AM |カテゴリー: 島田

 こんにちは、ブログのネタがなくて困っている山下です。
 
 普段は社会科の話や講座の説明などを中心にブログを書いていますが、中学生対象の英語クラス授業も担当していますので、たまには英語の話でも……。
 
 
 先日、中3スタンダード英語のテスト[単元は『関係代名詞④』]で下記の問題を出しました。
(テキストの宿題をそのまま出題しただけですよ)
 
<問題>次の日本文に合う英文になるように、(  )に適する語を書きなさい。
 その湖へ行く道は彼しか知らないのですか。[1語不要]
 ( way / the / the / the / goes / he / lake / that / knows / person / only / to / is / ? )
 
 この問題を解くうえで必要な作業は、
① 問題の日本文と並んでいる英単語を見て、「彼がその湖への道を知っている唯一の人ですか」という英文を書くと判断する
② 修飾語を取り払った「彼が唯一の人ですか」を英語で考える
③ 修飾語の「その湖への道を知っている」を英語にし、関係代名詞を使って被修飾語の「人」の直後に置く
 
<解答> Is he the only person that knows the way to the lake?となって、goesが不要となります。
 
 
 では、間違っている答案はというと、
 
まずは完全なケアレスミス答案
・He is the only person that knows the way to the lake.
疑問文なのに、肯定文で書いている。テストとしては×ですが、これはちゃんと英語をわかっている人の答案。
 
 同じ×でも、こんな答案もありました。
 
・Is he the only person that knows way goes to the lake?
 
① 「可算名詞は原則として単独では使用できない」にも関わらず、wayを単独で使用
② 最も謎なのはgoesの存在。主語はperson?そうならknowとgoという動詞がwayを挟んで並列しているの?ちなみにwayが主語なら「道が湖に行くことを知っている」のような文になり、ますます謎です。
③ 1語不要の問題のパターンとして、theを使わないなんてことは普通ない。
 
 勿論、ここには書けない英文としてもっと悲惨な答案もありました。
 
 4月前半に成績表を発送しましたが、保護者の方は、点数だけでなく、返却されたテストの×になっている誤答を確認することで、単純に成績だけでは見えない部分を見てあげて欲しいと思います。(ちなみに成績表では、点数もさることながら『アドバイス』を重視してください。)


2015年4月14日  2:00 PM |カテゴリー: 山下

 こんにちは、山下です。
 
 さて、あと1か月もすればGW[ゴールデンウィーク]がやってきます。くま塾工房では年間計画に基づき、GW中の5月3日(日)~6日(水)はイベントを除くすべての授業をお休みとしていますので、塾生達(勿論受験生以外)は海外旅行・ディズニーリゾート・USJなど、楽しい計画が満載でしょう。……しかし、5月3日(日)には、くま塾工房のイベントがあるって知っていました?
 
 どんなイベントがあるかといいますと……
 
 
[小1~小3対象]
『GWくまの春探しツアー』
昨年度ご好評いただいた花脊での1泊2日のイベントを、今年度も5月2日(土)~3日(日)に実施致します。花脊という自然豊かな場所で山菜採り、調理、星の観察などをする中で、協調性や社会性を身につけてもらうためのイベントです。昨年度参加した生徒もしなかった生徒も、みんなで楽しい思い出をつくりましょう!
 
 
[小5・小6対象]
『12時間耐久算数・国語特訓』
中学入試のためには4教科ともきっちり勉強をすべきなのですが、このイベントでは入試での配点が大きく差がつきやすい算数・国語の2教科に特化した特訓講座を実施致します。算国が苦手な生徒は勿論、得意な生徒もこの講座に参加して、今一度様々な問題への対処の仕方を確認するとともに、勉強に対する耐久力をつけましょう。
 
 
[小3~小6対象]
『GW宿題・課題消化&京大見学ツアー』
GW中の宿題がたくさん出される私立小学校在籍者や、算数を中心にたまってしまった課題を消化すべき生徒を対象とした講座です。休憩時間を除き、どんどん宿題・課題を消化してもらいます。勿論分からない問題が出てきたらその場で質問もできます。なお、息抜きがてら京都大学博物館・京都大学キャンパスの見学時間を設けます。漠然と京都大学を目指そうと思っている生徒は、きっと勉強に対するモチベーションがアップするのでは?
 
 
[中学生対象]
『12時間耐久特訓+個別指導』
昨年度も実施した標記講座を、今年は個別指導時間をより長くしてお届けいたします。5月中に実施される1学期中間テスト(二期制の学校の場合は前期中間テスト)に向けて、どんどん課題をこなしていきましょう。また、『英語の分詞がわからない』『数学の相似証明がわからない』など弱点単元を抱えている生徒は、1人80分間の個別指導(希望科目・単元は事前に提出していただきます)がついていますので、そこで解消することができますよ。
 
 
 
 どれも自信をもってオススメできる講座ばかりです。是非ご参加ください!


2015年4月8日  1:00 PM |カテゴリー: 山下

 こんにちは、山下です。
 
 桜前線が北上中です。桜は暖かくなってから咲きますので、南から咲いていくという意味で「北上中」という表現は正しいのですが、きれいに南から咲いていくわけではありません。テレビなどで桜の開花時期を見てもらえばわかりますが、内陸部は開花が遅れます。内陸部は山地→気温が低い→開花が遅れる、という図式です。社会科としては、当然押さえておくべき事項です(というか、授業で扱います)。
 
 さて、今ではすっかり春の風物詩となった桜ですが、昔の日本では、春といえば「梅」でした。さらに言うと、奈良時代までの日本は「花」=「梅」だったのです。
 
 
 ちなみに京都で「梅」といえば、「北野天満宮」「菅原道真」をイメージする人が多いのでしょうか?特に北野天満宮は、受験前にお参りに行ったことがある人が多いと思うので、イメージできる人も多いのではないでしょうか?
 
 その北野天満宮に祀られている菅原道真は、中学入試の社会では頻出ですので、絶対におさえておかなければなりません。
 
 
菅原道真[すがわらのみちざね](845年~903年)
平安時代前期の人物で、公卿・学者・文人。正二位、右大臣まで出世(死後太政大臣)。宇多・醍醐両天皇の信任が厚く、藤原氏を抑えるために重用された。894年に遣唐使に任命されたが、遣唐使の廃止を建言した。901年、藤原時平の中傷により大宰権帥に左遷され、その地で死んだ。死後、天満天神として全国的に信仰された。
 (角川書店「日本史辞典」より一部を簡素化して引用)
 
 
 いろいろ難しいことが書いてありますが、中学入試で押さえておくべきことは次の4点。
 
① 894年に遣唐使の廃止を建言し、630年以来送られてきた遣唐使の廃止が決定した。
② 藤原氏との争いの中で敗れ、九州大宰府に流された。
③ 死後、天満宮に祀られた(京都では、北野天満宮)。
④ 大宰府に流されるときに詠んだ歌「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」
 
 
 ちなみに教室長、中学入試では『日本三大怨霊』の1人とかいらないですよ(笑)!


2015年4月1日  7:00 PM |カテゴリー: 山下

Page Top