ブログ

 こんにちは、教室長の山下です。
 
 さて突然ですが、以前よりくま塾工房は女性スタッフの数が少ないというご指摘を頂戴しておりました。
 
 そこで、来年2月から始まる新年度に向けて、現在くま塾工房では、ポジティブ・アクション制度を使って女性講師の募集をしております(長期勤続によるキャリア教育形成を図る観点から、30歳未満の方を優遇いたします)。熱意ある子ども好きな方は是非ご応募ください。
 

 
【勤務地】  くま塾工房
 600-8006 京都市下京区四条柳馬場西入立売中之町99四条SETビル1F
        075-241-4455
【勤務時間】 13:00~21:00、原則週休2日
【雇用形態・給与】 正社員(試用期間あり)・当社規定による
【仕事内容】 低学年対象の算数・国語の講義など
【選考方法】
  ① くま塾工房宛に履歴書(写真貼付)送付
  ② 1次選考(書類選考) 
  ③ 2次選考(筆記試験、面接等)
  ④ 採用決定
【募集期間】 2016年1月末まで


2015年12月29日  11:00 AM |カテゴリー: 山下

冬場の自炊は鍋で決まりと信じる島田です。 
  
   
  

鍋料理が美味しい季節になりました。一気にド~ンと大量に作れるわ、具を付け足せるわ、味に飽きたら調味料でいろんなアレンジができるわ、野菜をたくさん食べられるわ、安くあがるわ……もう、冬場の鍋料理は主「フ」の味方。  
今夜は何鍋にしようかな?  
  
  
 

さて、自炊でなく「自炊(本のpdf化)」の話。  
毎朝、毎晩家にある本を裁断し、スキャンし、pdf化し、編集。  
その繰り返し。  
おかげで我が家の本棚にも少しずつスペースができてきました。(よっしゃ!これで新しい本を買えるぞ!って、これじゃ進歩してないな)  
  
   
  

そして、最近気付いたのです。   
本の「自炊」に夢中になっているうちに、そもそも読書時間が減っているではありませんか。   
これは本末転倒。   
  
  

  

そう、本末転倒。   
  
  

そんな勉強していませんか?  
勉強する前に部屋の掃除を何時間もしたり、カラフルな暗記ノートを何時間もかけて作成したり、とりあえず暗記カードを自作してみたり……   
  
   

やめてね。   
   

本来の目的を忘れないようにしましょう。  
   
   
  

ちなみに、私は本の「自炊」中の隙間時間を利用して、読書することを覚えました。  


2015年12月23日  12:39 AM |カテゴリー: 島田

こんにちは、今川です。
今日は「モードの切り換え」について書きたいと思います。
 

受験生の皆さんは、第1志望校合格を叶えるべく、各自がそれぞれの科目の勉強に励んでいると思います。でも起きているときに勉強しっぱなし、というのは不可能です。
 

皆さんは、試験本番までの限られた時間を利用して、点数に反映させる必要があります。勉強するときに、なんとなくの「ダラダラモード」では、勿体無いですよね。つまり、集中力を高めた、いわゆる勉強モードで過去問を解いたり、知識の暗記に努めたりあうることが大事です。
 

試験日が少しずつ迫ってきた今だからこそ1日1日を大切にして、1つ1つの問題にしっかり取り組んでいきましょう。
  
そこで私が実践して効果があったのは「呼吸を整える」です。自分なりのモードの切り換えが上手くいっていない受験生は、ぜひ一度試してください。
  

【呼吸を整える】
1 目を軽く閉じます。
2 体全体がふにゃふにゃになるイメージを思い浮かべます。
3 口から息を吐ききります。
4 肩をあげずにお腹をふくらませながら鼻から吸います。
5 吸いきったら息を約3秒間止めます。
6 口からゆっくり吐ききります。
 

3から6を3~5回繰り返します。
 

さぁ、勉強モードに切り換えて、今日もどんどん問題に取り組みましょう!!


2015年12月19日  12:28 PM |カテゴリー: 今川

本棚の重みで、部屋の床が数ミリ窪んでいることに気がついた島田です。  
     
   

何度か書いてきたように、「読んだ本の冊数<新しく買い足した本の冊数」である私の部屋の本棚が徐々に埋まってきました。美しく縦に並び、番号順にそろった機能的な本棚に、横積みがまぎれこみ、ちょっとしたカオス。  
嫌だ~嫌すぎる~。  
こんな本棚、私のイメージじゃな~い!   
  
  
   

というわけで、本を自炊(自ら所有する書籍や雑誌をイメージスキャナ等を使ってデジタルデータに変換する行為(デジタイズ)を指す俗語)することにしました。   
裁断機、スキャナー、無水エタノール、キムワイプをそろえ、いざ自炊開始。  
  
   
   

とりあえず、本棚に入りきらなかった本を、ザクザク切断して、じゃんじゃんpdf化。   
  
   

うん、ほんの少しだけ部屋がすっきりしてきたぞ。   
  
   

断捨離♪断捨離♪   
  
   
   

本によっては、OCR(光学文字認識っていうんだ、知らんかった)をかけて、検索を容易にして……むふふ、夢がふくらみます。  
  
    

やはり、本は部屋にあるだけではダメです。その知識を頭の中に移すか、本棚ごと持ち歩くかしなければ。   
   
   
  

ところで、塾で毎週実施されている確認テストをふくむ大量の紙類、きちんと整理できていますか?断捨離もいいけど、その前に直しをして、「知識」を頭に叩き込んでしまいましょう。
  
  
 
  


2015年12月16日  12:37 AM |カテゴリー: 島田

金曜日担当の馬渕です。
 
以前のブログで、「私はのどが弱いため、龍角散のど飴を愛用している」というようなことを書きましたが、実は、もう一つ愛用しているものがあります。
 
それがこれです。
 
 
 

 

 
 
何か分かりますか?
 
「家にある!」という方はすぐに分かると思います。そう、加湿器です。
 
 

我々のような仕事をしている人間にとっては、のども商売道具の一つですから愛用している人も多いと思いますが、これが非常にいい!
 
寝る前にセットしておくと、起きた時ののどの調子が全然違います。
 
それに、この時期に怖いインフルエンザですが、温度と湿度が上がると、ウイルスの生存率が激減するそうですから、その予防にもなりますね。
 
ということで、この時期、健康管理に気を付けている(はずの)受験生諸君。
家にあるのにまだ使っていないなら、是非お試しあれ。
無い場合は……、サンタクロースにお願いしてみる?


2015年12月11日  12:00 AM |カテゴリー: 馬渕

まいど、理科の瀬川です。
 
帰宅途中、おなかがすいたので、セブンイレブンで何か買って帰ることにしました。
なんと、『おにぎり100円セール』じゃないですか!!
ということで、 おにぎり7個とお弁当1つを購入し、家で楽しい晩ごはん。
本当は全種類買いあさってやろうかと思いましたが、さすがに恥ずかしいので控えめに。
 
ぺろりとたいらげ、さて寝るか。(食べてすぐ??)
歯みがきをし、そして、 「シャキーンッ」
 

 
歯医者さんで作ってもらった「マウスピース」を装着するのです。
歯が痛いということで、歯医者に通いつめていたのですが、どうも噛み合わせの問題で神経がボロボロになっているとのこと。
神経の治療は済みましたが、夜中寝ている間におそろしい力で噛み続けている以上、きっと問題があるということでマウスピースをはめて寝るように言われました。
ボクサーがはめているかっこいいものを想像していたのですが、こんな感じだそう。
 
実際に、これが原因かどうかはわからないのですが、人間の噛む力は、だいたい体重くらいになるそうです。
ということは体重の重いわたくしは……。おそろしい!!
といっても、成人男性の平均体重に近いということだと思いますので、60~70kgくらいでしょうか。
 
ちなみに、動物の世界では、
 

5位:ワニ(約450kg)
4位:サメ(約600kg)
3位:ホッキョクグマ(約800kg)
2位:カバ(約1000kg)
1位:ナイルワニ(約2200kg)

 
だそうですよ。う~ん、カバやるなぁ。
 
さぁ、もう12月半ばになろうとしています。
受験まであと1ヶ月あまりになってきました。
受験生の皆さん、つらいこともあるだろうけど、あとたった1ヶ月です。
歯を食いしばってがんばりましょう!


2015年12月10日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

大事なものは目蓋の裏……そう、島田です。  
   
  

物を大事にするというのはいいことです。   
近代批判の文章にも登場するよくある例として、昔は物を大事にしたが、現代は大事にしていない、なんてのもあります。壊れたら修理して使い、代々受け継いでいくのが素晴らしいみたいな話です。確かにそこに一面の真実があるのですが、新しいものを使わなければ経済が回らない、社会が進歩しないという面もあるのではないかとも思います。   
  
   
 
 
さて、修理といえば、小中学生が修理する最も身近なものは文房具ではないでしょうか。   
特に、筆記用具に無駄にうるさい男子なんて自分の愛用するシャーペンにこだわりを持っているに違いないのです(断言)。   
もはや右手と一体化したのではないかと思えるほど、手に馴染んだシャーペンが突然不調になる。実に悲しいことです。しかも、高確率で授業中に壊れるのがシャーペンのにくい所。なんで、休み時間や自習中でなく、わざわざ授業中に壊れるのか。シャーペンからの歪んだ愛情表現としか思えません。   
   
  

さて、授業中にシャーペンが壊れた場合、とるべき選択肢は二つに一つ。   
1. 予備のシャーペンを使う   
2. とりあえず、修理してみる(物は大事にしないとね)   
  
  
 

そう、当然、やっちゃいけないのは、2の選択肢。授業中に文房具の修理など言語道断。   
カチャカチャとシャーペンを分解もとい修理している間に授業は、どんどん進んでいきます。   
もしかしたら、修理に夢中になっている間に、テストに出やすいところ、覚え方のコツなどを先生が話しているかもしれません。   
こんな素敵な情報を聞き逃してまで、修理する価値がありますかね、そのシャーペンに。  
  
  
    

ちなみに、私は学生のころから、授業中に壊れたペン(愛用のシャーペンは例外、必ず修理……というか壊れた記憶がないな)は、真っ二つに折って捨ててきました。   
たかが、文房具ごときのために、何故私の勉強が妨げられるのだという怒りです。一体、何本の粗悪な赤ペンやシャーペンをゴミ箱に葬ったことか。   
  
   

物を大事にするのは、大切です。   
しかし、物と場合によりけりだと、私は思います。   
   
  


2015年12月9日  12:35 AM |カテゴリー: 島田

 こんにちは、今川です。
 今日は「言葉」について書きたいと思います。 
 

 日々話す言葉・書き言葉がその人を作っていく、どこかで私が目にした一文です。
周りの人たちとコミュニケーションを取る手段には、主に話し言葉と書き言葉があります。
 

 話し言葉だと、話すときの口調やトーンで相手に与える印象にかなり差が生まれるようです。特に電話のように目の前に相手の姿が見えずに声のみでやりとりするときは、温かみのある表情を意識して相手の話す言葉(想い)を汲み取り、言葉を瞬時に紡ぎだすことを心がけています。
 

 書き言葉は、一度書いた文章でも見直し、修正することができます。推敲を重ねることで、より自分の意図が伝わりやすい文章になると思います。一昔前は手紙、ちょっと前からE-メール、今ではラインのトークの文章といったところでしょうか。書き言葉の場合、ちょっとした言葉のあやで、ニュアンスが違って伝わる場合もあります。こちらも細心の注意を払いつつ、言葉を運用していく必要があると思います。
 

 幸せはポジティブな言葉と笑顔が運んでくる、そう信じて日々言葉を使っています。
 

 オマケで・・・・・・その人が一番心地よいと感じる言葉は、自分の名前だそうです。


2015年12月5日  11:35 AM |カテゴリー: 今川

まいど、理科の瀬川です。
 
オリオン座がきれいに見える季節になってきました。
といっても、オリオン座は冬の星座ですから、「きれいな季節」というのはおかしな表現かもしれません。
しかし、冬は大気が乾燥し、大気が安定することで、大気中のチリなどが少なくなるので、天体観測にはもってこいの季節(寒いのが欠点ですが……)。
だから「きれいに見える」でいいんです。
 
さて、受験理科必須のオリオン座ですが、この時期、12月初旬の日暮れごろ、ちょうど斜めに傾いて東の空からのぼってきます。
そうなると、オリオン座の象徴とも言える「三つ星」が縦に並んだ状態で、次々と姿をあらわしていきます。
昔、天体観測は娯楽ではなく、航海などで方角を知る手段として使われていました。
『古事記』(内容はよく知らない……)には、三人の海の神である「住吉三神」が海から次々と誕生したという話があるそうで、まさにオリオン座の「三つ星」が昇ってくる様子とそっくりです。
このことから、オリオン座の「三つ星」をこの三人の海の神の名の通り、表筒之男命【上筒之男命】(うわつつのおのみこと)、中筒之男命(なかつつのおのみこと)、底筒之男命(そこつつのおのみこと)と呼んでいます。ちなみに、筒とは星のことを指しています。
 
ん?住吉?
 
そう、大阪にある住吉大社(全国にある住吉神社の総本社です)のことです。
私の実家近くにある、毎年初詣にいく神社なのです。
住吉大社は、海の神さまなので受験には関係ないかもしれませんが、まぁ、受験の荒波を無事に乗り越えられますように、ということで毎年合格守りをいただくのが恒例になっています。
 
そういえば、そろそろ受験生たちのかばんには、家族の思いが込められたお守りがちらほらと……。
以前にも書きましたが、お守りは守備力を上げるもの。
攻撃力は君たちが勉強して上げる!ということを忘れてはいけません。(まぁ、私の持論ですが……)
応援してくれる方々の思いに応えられるように、しっかりがんばりましょうね!
我々、スタッフも全力でサポートしますよ!
 
もちろん、来年の元旦も御参りします。
「君たちが精一杯受験してこられますように」 と。
  
ついでに……
お守りを持っているのはいいとして、過去問を家で解き(基本的に塾で解くのですが)、その点数をわざわざ高めに「盛って」くる子がいます。
見栄を張りたい気持ちはわかりますが、ある意味みんなで戦う受験。素の自分を見せて下さいよ。わかる人にはわかるんですから……。
 
昨年度もお守りの話を書きました。こちらです。
気が向いたらご覧下さい。


2015年12月3日  1:00 AM |カテゴリー: 瀬川

イギリス紳士島田です。  
   
   
 

コーヒーを飲む人は大人っぽい……そんな文章がかつて洛星中学の前期入試で出題されました。はい、どうでもいいですね。  
コーヒーを飲む人は、かっこいい大人。う~ん、なんと言うか硬派な感じで、アメリカっぽい。こういう変な思い込みが私にはあります。  
  
  
  

一方、紅茶を飲む人は、かっこいい大人……古風で、上品で洗練された感じ。こんな幼稚な思い込みがあります。   
  
  

そう、そんな思い込みのせいか、私は紅茶が大好きです。   
洗練されておらず上品さとは無縁な自分に対するコンプレックスの現れ……?  
いやいや、そうかといってそんなに詳しくないですよ。  
とりあえず、アールグレイが一番好きですが、アッサムとダージリンの区別がつくかと言われたら、鼻がつまっていてよくわからないと逃げます。  
ミルクティーに合う茶葉?知りません。(98%のイギリス人はミルクティーらしい)  
レモンティーに合う茶葉?知りません。  
その程度の好きです。  
  
   
  

さて何の話だっけ。   
前置きが長すぎて、いつも本題を忘れてしまうのが私の悪い癖(注:直そうと思っていません)   
   
   
 
   

以前、理科の瀬川が勉強のお供に「梅干しのおかし」を食べていたと言っていましたが、私の場合、紅茶とチョコレートです。もう、中学生のときから、ずっとこれ。   
島田理論では紅茶のカフェインで眠気を飛ばし(まぁ、眠くなかったけど)、チョコレートの糖分で脳に栄養補給。   
   
 

完璧すぎる!  
   
   

今でも、仕事中は年中紅茶(もちろん夏でもホット)。   
やはり、これも刷り込みなのでしょうか、紅茶を飲むと集中する気がするのです。   
   
  

何でもいいから、自分が集中するスイッチを作るのもいいかもしれませんね。   
   
   


2015年12月2日  2:04 AM |カテゴリー: 島田

Page Top