ブログ

算数ができない島田です。  
↑こう言うと、低学年の子は必ずと言っていいほど、「1+1=?」などと聞いてきますが、違います。そんな意味じゃありません。  
  
    

おかしいな、数学は得意科目だったのに。   
いつの間にか計算ができなくなりました。   
  
    

 

たとえば……   
「収入>支出」はわかるのです。当然ながら「収入<支出」は非常に危険な財政状況です。   
こういう計算はできるんです。   
   
 
 

しかし!    
「読んだ本<買った本」「食費<本の購入代金」が成り立ってしまう私は、計算以前にある意味で危機的です。祖父の遺品として引き継いだ大量の本は、本の購入費用を大きく下げると思いきや大して変わらず。  
結果として、未読本がますます増えていくという状況。  
   
  
  

「もらった本(いっぱい)+買った本(そこそこいっぱい)― 読んだ本(わずか)=カオス」

  
  
   
そして、また部屋に腐海が広がっていくのです。  
ナウシカ、助けてください。  
  
   
 

追記
一冊読んだご褒美として、その本に引用されていた本を買いました。


2016年2月24日  12:38 AM |カテゴリー: 島田

ホクトと聞いたらケンシロウではなく、きのこが浮かぶようになった島田です。  
   
  

はい、2/21(日)にきのこ検定を受けてきましたよ。  
いや~、面白かった。  
結論から言えば、2、3級ともに9割前後の得点率で合格でしょう(マークミスさえなければ)  
   
  

それにしても、今回は運が良かった。   
当日の朝に、ネットで発見したきのこマニアが書いた「きのこ検定の予想問題」を丸暗記したら、そのまんま出題されたものが何問もあったし、会場に向かう電車やバスの中で覚えなおしたものがズバリ出題されたものもあった。   
  
   

うん、最後まで粘る、諦めず、見苦しくとも足掻くことは大事です。   
   
  

ちなみに、きのこ検定(第三回にも関わらず、過去問は市販されていません)……どんな問題が出るかというと……   
   
   

3級は本当に基本。  
問 原木に種駒を打ち込む現在のシイタケの原木栽培の礎を築いた人物は? 
 ①呉三公  
 ②森本彦三郎  
 ③森喜作  
 ④坂本浩然  
  

問 ニカワハリタケの特徴として間違っているものはどれ?  
 ①デザート用の食材として用いられる。  
 ②傘の径は平均14cmほどと大型  
 ③ゼラチン質のため透明感がある  
 ④裏面に細かいトゲがある  
  
   

問 タマゴタケの学名は何か  
 ①Amanita hemibapha  
②Amanita fulva  
③Amanita pseudoporphyria  
④Amanita eiijii  
   
   

うん……まともな問題ばかり選んだけど、何これ?って感じですね。いや、勉強すれば「学名以外」はいけますよ、きっと。   
   
   
   

2級はちょいと難しい問題と、「え?それ問題にする?」っていう問題。  
問 中国で初めてシイタケ栽培を成功させた呉三公の出身はどこか。  
 ①四川省  
 ②山東省  
 ③福建省  
 ④浙江省  
  
  
  

問 ロシアの作曲家モデスト・ペトヴィッチ・ムソグルスキーが1867年に制作した曲は?   
 ①きのこの里    
 ②きのこの夢  
 ③きのこ狩り  
 ④きのこ祭り  
  
   

問 「きのこの日」は10月15日だが、これは何年に制定されたか……(知るか!)  
 ①1990年  
 ②1995年  
 ③2000年  
 ④2005年  
  
   

問 キララタケに含まれる毒成分は何か。  
 ①イルジンS  
 ②イルジンM  
 ③トリプタミン  
 ④イボテン酸  
  
   

問 きのこを意味するポーランド語はどれ?  
 ①grzyb  
 ②fungo  
 ③Houba  
 ④Buwa  
   
  
  

ちなみに解答は・・・・・  
3級…③、②、①  
2級…④、③、②、③、①  
  
   

どう?やってみたいでしょ?  
もし興味があれば過去問1回分と、公式テキストをお譲りします,   
何なら以前アップした勉強ノートもつけて(笑)……いらないか……  
 
   
    
  


2016年2月22日  4:53 PM |カテゴリー: 島田

最近、阿辻哲司先生の本にはまり「漢字」が楽しくなっている島田です。 
  
   

この先生が一般向けに書かれた著書は読みやすくて面白いので、おすすめ。いろんな漢字の成り立ちなどがわかり、目から鱗がポロポロと落ちます。ええ、そりゃ、自分の腋にエラが出来たのかと心配するくらいに。  
  
   
   

勉強すればするほど自分の無知さ加減を思い知らされます。これだから、読書・勉強はやめられません。私はドMなのだろうか。  
   
 

読書といえば、現在読みかけの本は  
1.24週日本語文法ツアー(12/4~)  
2.基礎日本語文法(12/5~)  
3.はじめての漢方(1/10~)……借り物なのに申し訳ない。と記事作成中に読み終わりました。    
4.なぜ空手は太極拳で強くなるのか(1/22~)    
5.コトバの森(2/5~)    ……
6.キャンピングカー・オールアルバム(2/4~)    
……以下、読みかけかどうかすらわからない本が何冊か。  
 
  
  
    

何の話だっけ……あ……漢字ね、漢字。  
そう、漢字と言えば、漢字テスト。  
  
   

何を隠そう、私は一般的な漢字テストが好きではありません。なぜなら例文が全く面白くないから。せっかくやるなら楽しくやらねば!   
というわけで、私の作る漢字テストは例文が独特。  
  
   
 

たとえば……  
1.ディオは時間をトめられる。  
2.暗コクの世界で、あんこ食う。  
3.四度も本をヨンダよ~ん。  
4.大人はビールコウジョウが大好き。  
5.シンパイ無いさ~♪(ライオンキングより)  
6.「北のクニから」あ~あ~あ、ああああ~  
……と、まあこんな感じで駄洒落を入れたり、自分の好きな漫画や劇団四季をネタにしたり、心のつぶやきを入れたり、まさにフリーダム。  
別にふざけているわけじゃないのです。  
これをもとに、生徒が漢字や「元ネタ」に興味を持ってくれたらいいなと。ついでに、家庭でのネタになったらいいなと。  
それに、かつて「萌えタン」とかいう英単語帳が流行ったように、面白い例文は頭に残るんです。  
  
   

しかし、最近仕事に追われ、上のような「素敵な漢字テスト」を作れず、元上司が作ってくれた「真面目で一般的な漢字テスト」を使用したら、あるお母様からこんなことを言われました。  
   
  

「先生、この前のテスト、普通でしたけど、体調でもお悪いんですか」   
  
  

『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです』(魔女の宅急便より)  
  
   

追記  
漢字テスト頑張ります。   
なお、私の「素敵な漢字テスト」は小学1,2年生と、中学1~3年生用で作ってあります。   
  
   


2016年2月18日  3:38 PM |カテゴリー: 島田

検定と言えば、島田です。  
   
 
   
2月21日は、みなさんもご存じのキノコ検定の受検日です。え?知らない?  
さておき、この検定の勉強は何がつらいって、キノコの名前をとにかく沢山おぼえなければならないのです。  
  
  
   

たとえば、「シメジ」と名がつくものだけでも……ハエトリシメジ、ネズミシメジ、カキシメジ、オシロイシメジ、キシメジ、ミネシメジ、ハルシメジ、ホンシメジ、ブナシメジ、シャカシメジ、ハタケシメジ、ムラサキシメジ、コムラサキシメジ、アイシメジ、シモフリシメジ、ニオウシメジ、サクラシメジ……   
楽シメ、ジ分!なんていうダジャレを考えている暇はありません。  
  
  
   

とにかく、覚えなければならない。  
と、ここで丸暗記に走らないのが暗記のコツ。  
何とかして楽に覚える工夫はないかと、工夫します。  
  
  
 

たとえば、有毒、食用、一応食用というように、グループ分け。  
イラストを描いて、イメージと一緒に覚える。  
ゴロを作って覚えてしまう。  
  
  
 

ちなみに、私が作った「食用シメジ」のゴロは……  
「本部!釈迦はムラムラ足もにおうさ」です。   
本…ホンシメジ   
部…ブナシメジ  
釈迦…シャカシメジ  
は…ハタケシメジ  
ムラ…ムラサキシメジ  
ムラ…コムラサキシメジ  
あ…アシシメジ  
しも…シモフリシメジ  
匂う…ニオウシメジ  
さ…サクラシメジ  
  
  
  

勉強は自分で工夫して、楽しんでやらなきゃね。    
  
   
  
 

追記  
過去問が売られていないので、問題演習ができないのもつらい。  
  


2016年2月10日  12:27 AM |カテゴリー: 島田

北斗神拳第六十六代伝承者の島田です。  
   
   
  

さて、学校では四月から学年が一つ上がりますが、塾では何と2月から学年が一つあがります。   
国語という科目に限って言えば、「一つ上」の学年の漢字が宿題としてだされます。   
いや~、大変だ~。   
しかし、新しい字を知るということは、新しく世界が広がることでもあるのです。楽しんで漢字を覚えていきましょう。   
   
   
 

学年が一つ上がると、新しいテキスト、新しいノートになり、なんかワクワクしますね。   
……あっ!新しいテキストやノートに名前を書くのを忘れずにね。   
   
   

そして、新しいクラスメート。    
もっとワクワクしますね。新しい友達は、新しいライバル(強敵)であり、新しい仲間です。   
   
  
      

というわけで、みなさん、お友達を塾に紹介してくださいね♪  
  
   


2016年2月3日  1:04 AM |カテゴリー: 島田

Page Top