ブログ

図書館が大嫌いだった島田です。
  
 
中学生・高校生のころまでは図書館(室)が大好きでした。そりゃ、職業体験学習で市立図書館の司書を体験するくらいですから。
しかし、大学の図書館は大嫌いでした。
何が嫌いって、学部生は書庫に入れなかったからです。え?それだけで?と思ったでしょう?
  
  
いやいや、これはかなりのストレスですよ。
読みたい本や、必要な「史料」を検索するとかなりの割合で、書庫にあるとの無慈悲な通告。
私が通っていた大学は、書庫には院生以上しか立ち入りが許されておらず、例外的に卒論を書く4回生だけが立ち入りを許可されていたのですが……3回生までは必要な本があった場合、1冊ごとに申請用紙に書名などを書いて、職員(バイト)に渡し、彼らに持ってきてもらわなければならないのです。
  
  
 
それくらい手間じゃないと思ったでしょ?
大学の中央図書館の書庫は5~6階のビル丸ごとが本棚になったような大きさ。
1冊の本を持ってきてもらうのにかかる時間は約5分。
   

  
その5分が待てないのかって?
  
   

待てませんよ。
調べものに使う史料は、全部に目を通すわけではないから、場合によっては1ページくらいしか読むところがないんですよ。
  

酷いときは5分待って1~2分で返却。
   
  

どれだけ非効率なんだろう……
たとえるなら、パソコンで仕事中、1~2分作業したら5分パソコンがフリーズするのと同じ感じですよ。「きぃぃぃっ!!!!!」ってなるでしょ?
  
そんな素敵な大学の書庫のおかげで私は図書館が大嫌いになったのです。
  
  
つづく


2017年3月29日  12:28 AM |カテゴリー: 島田

 教室長の山下です。
 
 前回の『打ち上げ修了式②』の続編です。
 
④ 『くま塾工房13期生対抗ボーリング大会』表彰式
生徒達には事前に次のことを伝えていました。
 
1.表彰対象は、1位~3位、7位、16位(ブービー)
2.賞品は、『米5kg』『モバイルバッテリー』『フリクションボールえんぴつ12色セット』『フリクションカラーズ12色セット』『プロジェクタードーム』を1位から順に選んでいく
3.女子には1ゲームあたり10ピン、男子にはハンデなし
 
ということで、結果発表!
 
1位:M花さん → 『モバイルバッテリー』ゲット!前日の練習が好結果をもたらしましたね。
2位:N愛さん → 『フリクションカラーズ12色セット』ゲット!イメージトレーニング大成功。
3位:M子さん → 『フリクションボールえんぴつ12色セット』ゲット!えっ、鉛筆?
4位:R胡さん、5位:S平くん、6位:Y希さん
7位:K音さん → 『プロジェクタードーム』ゲット!う~ん、ロマンチック!
8位:K衣さん、9位:S名さん、10位:M音さん、11位:I凪くん、12位:Mりさん、
13位:K愛さん、14位:R夏さん、15位:H菜さん、
16位:S冠くん → 『米5kg』ゲット!親孝行な男です。
17位:Y吾くん
 
 
⑤ 卒業認定テスト(前半)
毎年恒例の『卒業認定テスト』。このテストで正答率が悪いと卒業できないという怖ろしいテストです。今年は新戦力の堀口先生に関する問題を加える等、一部改訂して実施しました。S平くんは異様に正答率が高かったですが、その他はボロボロでした。しっかりしなさいよ!
 
 
⑥ ケーキタイム
昨年に引き続き、今年もキルフェボンのタルトを瀬川先生が差し入れしてくれました。瀬川先生、ごちそうさまでした。なお、余ったケーキは希望者に分配されましたが、カロリー摂り過ぎになりませんでしたか?
 
 
⑦ 卒業認定テスト(後半)
さあ、『卒業認定テスト』後半戦です。前半戦と違い、正答するために必要なものは観察力と人を見る力のみでしたが、やはり正答率はボロボロでした。
なお、この『卒業認定テスト』の結果により、景品が大量に配られました。当たりの景品を引いた生徒、外れの景品を引いた生徒など様々でしたが、みんな楽しめたかな?
なお、スタンダード国語・数学・英語の1か月半額券は本当に使用できますので、是非利用してください。ただし、1人で使えるのは各科目1枚、合計最大で3枚ですのでご注意ください。
 
すでに時間オーバー。残念ながら、ここでお開きとなりました。生徒諸君、楽しめましたか?
 
 
⑧ アンケート発表
修了式で発表できなかったアンケート結果です。
 
<尊敬できる先生>
1位:山下[23P]  2位:瀬川[19P]  3位:島田[17P]
 
<あやしい、いやらしい先生>
1位:島田[22P]  2位:山下[18P]  3位:今川[17P]
実はこの項目、島田先生は過去4年間で3度目の栄冠に輝きました。すごいですね~。
 
<生まれ変わるならば誰先生?>
1位:瀬川・島田[6P]  3位:山下[5P]
白紙だらけだったこの項目、今年は過去最低の6ポイントで1位になるというとんでもない結果となりました。来年からは削除かな?
 
<さわやかで上品な先生>
1位:馬渕[9P]  2位:今川[6P]  3位:堀口[4P]
これまたとんでもなく低ポイントでの争いとなりました。これも削除候補?
 
<こわい先生>
1位:山下[20P]  2位:島田[19P]  3位:馬渕[9P]
どう考えても1位は島田先生なのに、私を1位にしたのは一部生徒による陰謀です。私がこわいわけない!
 
<おもしろい先生>
1位:瀬川[28P]  2位:山下[25P]  3位:島田[14P]
みんなよく分かっています。瀬川先生は存在しているだけで面白いですもんね。
 
<首相にしたい先生>
1位:瀬川・島田[10P]  3位:山下[9P]
さりげなく私が3連覇していたこの項目、残念ながら4連覇は阻止されてしまいました。しかし、みんな私が担当していた教科を理解しているのでしょうか?
 
<中学生になっても授業を受けたい先生>
1位:山下[27P]  2位:瀬川[20P]  3位:島田[10P]
みなさん、スタンダード講座でお待ちしております。
 


2017年3月28日  5:00 PM |カテゴリー: 山下

 教室長の山下です。
 
 前回の『打ち上げ修了式①』の続編です。
 
 焼き肉屋さんでの昼食が無事終了し、みんなで『くま塾工房13期生ボーリング大会』を行うべく、河原町のRound1へ移動しました。
 
 
④ボーリング大会
『くま塾工房13期生対抗ボーリング大会』を実施しました。ガターになりたくないから、キッズ用バンパーレーンを準備しろだの、ギッズ用の軽いボールが無い!だのいろいろ文句が出ていますが、すべてを無視して、気持ちよくスタートです。
 
右端の32番レーンから中継していきましょう。
 
(32番レーン)
今川先生は、昨年度に引き続き、真面目に黙々と投げています。
S名さん、助走をがに股でするのはやめましょう。
K愛さん、上手く投げられたらもっと喜びましょう。
Y吾くん、「倒せた僕ってすごいでしょう?」と言われても、ボーリングは倒すピン数を競うものですから、1本だけ倒せてもすごくありませんよ。GGGGG……。
 
(31番レーン)
島田プロ(?)によるレッスンが行われています。
S平くん、周りの目は気にしなくて大丈夫です、誰も見ていませんから。
N愛さん、前日にゲームでイメージトレーニングをすると言っていましたが、投球のときに手のひらを下に向ける投げ方のことですか?
 
(30番レーン)
瀬川先生は、昨年度に引き続きピンを『倒す』ではなく『破壊』しようとしています。瀬川先生、そろそろ間違いに気付いてください!
R夏さんが大変です。ピンが倒れません、今にも泣きそうです。みんながいろいろアドバイスをしますが、まったく意味をなしていません。しかし、2ゲーム目になるとピンを倒せるようになりました。顔も別人のように明るくなっています。
M子さんは女子の割には勢いのあるボールを投げています。これは焼き肉で蓄えたパワーを放出しているのでしょうか?
M音さん、何度言ったら分かるのですか?右手と右足を一緒に出して投げるのは気持ち悪いのでやめてください。
 
(29番レーン)
H菜さん、ボーリングはボールを『投げる』のであって『置く』のではありません。頑張って、前に投げましょう。
Mりさん、1ゲーム目はどうなることかと思いました。だって、G-、G-……。でも大丈夫、2ゲーム目は普通の人になれましたからね。
K衣さん、安定感がありませんよ、右のガターへ一直線、と思ったら左のガターへ一直線。真ん中を狙いましょうね。
 
(28番レーン)
堀口先生は写真部隊として活躍中です。
M花さん、前日の河原町Round1での特訓の成果は発揮できましたか?
I凪くん、1ゲーム目と2ゲーム目のスコアの差が1ピンという、超安定感。でももう少し上で安定してたら優勝も狙えたのですが……。
R胡さんはバレーの発表会があるため途中で抜けることとなりましたが、最後まで投げていたら優勝が狙えていたかも……。
 
(27番レーン)
馬渕先生は写真部隊→ボーリング→写真部隊と行ったり来たりで大変そうです。
S冠くん、女子に負けているではありませんか。格好良いところを見せつけてやりなさい!
K音さん、投げたボールの行方は最後まで見届けましょう。でも意外とスコアが出ていたので、びっくりでした。
Y希さん、M花さんと同様、前日のRound1特訓は意味がありましたか?ちなみにレーン上でI凪くんと争うのはやめましょう。
 
 
そうこうしているうちに、何とか無事2ゲームが終了しました。
それでは時間も押しているので、急いでくま塾工房に戻りましょう。
 
(続く)


  1:00 PM |カテゴリー: 山下

 ご無沙汰しています。教室長の山下です。
 
 3月19日(日)、くま塾工房13期生(塾工房京都時代から数えると16期生となります)の『打ち上げ修了式』を執り行いました。時間が足りなくて、最後は駆け足で無理やり終了するような形になってしまい、申し訳ございませんでした。
(時間切れで発表することができなかった『アンケート』結果については、このブログで発表します。)
そんなぐだぐだな『打ち上げ修了式』の様子の一部をお伝えできればと思います。
 
 
① 生徒集合
集合は10時30分。しかし、10時と勘違いしたY希さんが9時50分に一番乗りです。1人は寂しいということで、他の生徒にLINEで早く来るように圧力をかけています。
10時20分すぎになって続々と生徒達が集まってきました。懐かしい顔、懐かしくない顔(笑)、それぞれです。先生達のテンションも上がってきました。
さあ、集合時刻の10時30分です!……R夏さん、M子さんがまだ来ていません。
 
・寄せ書き記入
まずは、廊下の壁に飾る寄せ書きを書いてもらいます。『先輩の寄せ書きを参考にしなさい』というアドバイスを完全に無視し、正方形の折り紙をそのまま、しかも間隔をあけずにくっつけて貼っていくというセンスの無い生徒が続出。センス無さ過ぎやろう!
 
・アンケート記入
続いて恒例のアンケート記入。『○○な先生』を選んで3位まで記入してもらう形式ですが、今年は内部進学の女子生徒が多いせいでしょうか?未記入や、×を書く生徒が続出です。これは過去に見たことのない結果が出るのでは?……ドキドキです。(結果は後ほど)
 
 
② 昼食場所へ移動
今年も『子どもは元気に肉を食べたいに違いない』という大食漢瀬川先生の思い込みで、昼食は焼き肉に決定です。みんなで仲良く和気藹々電車に乗って移動です……と言いたいところですが、スマホ依存の生徒だらけです。何人かごとにグループができており、スマホをいじっています、いじりたおしています。『時代だから仕方ない。』のかもしれませんが……複雑です。
 
 
③ 昼食
生徒・スタッフ合計23名が6テーブルに分かれて、さあ『焼き肉タイム』の始まりです。
 
[生徒だけテーブル]
このテーブルは唯一の生徒のみ(S名さん、K愛さん、N愛さん、M花さん)のテーブル。ちゃんと焼いて食べられるのか心配でしたが、そこは大丈夫なようです。しかし、テーブルに置かれている肉が減りません、全然減りません。とうとうM花さんによって肉が瀬川先生のテーブルに運ばれていきました。「焼き肉やさんやのに、全然食べてへんやん!」と言っていると、追加注文をした大量の韓国海苔が運ばれてきました。そんなにたくさん食べられるか?と思っていたら、K愛さんが食べています。黙々とモグモグとひたすら食べています。でも肉を全然食べようとはしません。S名さん、N愛さんは食べているときもスマホをいじっています。知ってると思うけど、今日はここに焼き肉を食べに来たんやで。
 
[今川先生・堀口先生テーブル]
S平くん・Y吾くん・今川先生・堀口先生の4人テーブル。「はぁ~お腹一杯」とひたすらお腹をさすっているのはS平くん。本当にたらふく食べたのか?Y吾くんは肉のことは一切言わず必死になって私に「このテールスープおいしいで」と言ってきます。知っていると思うけど、今日はここに焼き肉を食べに来たんやで。
 
[島田先生テーブル]
S冠くん・I凪くん・島田先生の3人テーブル。3人しかいないのに5人前以上を注文し、とにかく食べています、ひたすら食べています。まるで島田先生が罰ゲームで生徒に無理やり食べさせているのではないか?というぐらい食べています。しかし、S冠くんから「レバーで気持ち悪くなった」と泣きが入っているようです。しかし、容赦なく島田先生のトングによってS冠くんの皿に肉が放り込まれていきます。あまり食べるようには見えないI凪くんは大丈夫なのでしょうか?「楽勝!楽勝!」と言いながら、顔は引きつっています。
 
[馬渕先生テーブル]
今回最も衝撃だった、R夏さん・M子さん・M音さん・馬渕先生の4人テーブル。女子が3人なので、そんなに食べないだろうと予想していたのですが、食べるわ、食べるわ、食べるわ、食べるわ、食べるわ、制限時間一杯ひたすら食べ続けるというとんでもないテーブルとなりました。R夏さんは、「草、草」と言いながら、チシャ菜、キャベツを爆食いしています。勿論、肉も食べまくりです。M子さんは、そんなR夏さんからひたすら肉・野菜を奪い、負けずに食べ続けています。しかし、M音さんには勝てないようです。半端ない量を食べ続けています。でもM音さん、あなたは素晴らしい!こんなに幸せそうにニコニコ食べる子を先生は他に知りません。
 
[瀬川先生テーブル]
Mりさん・K衣さん・H菜さん・瀬川先生の4人テーブル。すごい勢いで白米が消費されていきます。最初にテーブルに置かれていた肉も、すごい勢いで消費されていきます。勿論、瀬川先生パワーがすごいのですが、Mりさん・K衣さんも負けていません。しかし、すでにH菜さんは苦しそうです。早くも戦線離脱しそうな表情です。K衣さんは食べるよりも焼くことに興味があるようで、肉をどんどん焼いては、瀬川先生の皿に入れていきます。それを見て、Mりさんはひたすら笑い続けています。H菜さんも笑っていますが、やはり苦しそうな表情は変わりません。
 
[山下テーブル]
R胡さん、Y希さん、K音さん・私の4人テーブル。「私、焼いたことな~い。」「私、柔らかい肉しか食べられな~い。」「私、タンしか食べられな~い。」など、好き勝手を言う生徒のために、私はひたすらお世話係につとめます。食べ過ぎるとこのあとのバレーの発表会で衣装が着られなくなる危険と戦いながら、R胡さんは食べ続けます。Y希さんは専らタンを食べています。他の肉も少しは食べましたが、とにかく『タン』『タン』『タン』攻撃。豚トロについては「白いから気持ち悪い」と言って手をつけようともしません。K音さんは……食べません、全然と言っていいほど食べません。昨年の合宿の時に偏食であることは分かっていたつもりですが……。なんと、最も食べたのはトマトでした。知っていると思うけど、今日はここに焼き肉を食べに来たんやで。
 
 
食べ始めて1時間もすると、お腹一杯&飽きてきたのか、みんな自分のテーブルを離れ、思い思いのテーブルに移動して喋り始めています。しかし、馬渕先生テーブルと島田先生テーブルだけはまだ食べています。馬渕先生テーブルのメンバーは、他のテーブルで余った食材をかき集めています。怖ろしいテーブルです。島田先生テーブルは、相変わらず食べて、いや食べさせられています。一言も喋る暇なく、皿に肉や魚がのせられていきます。本当にかわいそうなテーブルです。
そうこうしているうちに、楽しかった昼食タイムも終了となりました。   
 
(続く)


2017年3月27日  1:00 PM |カテゴリー: 山下

方向性の定まらない島田です。

   

少し前に、こんなのをアップしました。
「試験中の解いた感覚からいえば、2つの科目はそれぞれ1問ミスで余裕の合格点超え。
残りの科目が……半分しか正解している自信がない(合掌)」
   
   

そう、危険物取扱者乙4です……
スコーンと忘れていましたが、3科目ともにぴったり8割の得点率で無事合格しました。
(相変わらずアテにならない私の「自己採点」)
   

さて……これにより、科目免除の権利を得たので、乙種全部をとってやろうかなと思ったんですけど、受験料と申請料がそれぞれ5回分もかかるから、費用が馬鹿にならないのです。
誰か「投資」しませんか(笑)
   

いや、生ける好奇心としてやらないわけにはいかないでしょ。
  

そして、前回受験申込を忘れた秘書検定のリベンジと、FPも挑戦したい。
   

うん、私はどこに向かっているんだろう……圧倒的に時間が足りないなぁ……
  
  
 

でも、こういう検定・試験は楽しいんです。
  
  

さて、検定といえば……漢検。
申込み期限は5月6日です。
お忘れなきように……(と、秘書検定に申込み忘れた私が言うのもおこがましいですが……)


2017年3月23日  9:28 PM |カテゴリー: 島田

たまには本の紹介もしつつ真面目なことを書こうと思っている島田です。  
  
  
  

そもそも現代文として登場する論説文(評論)は、現代日本の問題点を指摘した文章です。  
つまり、現代日本には問題がある。その原因は近代の何かが悪かったからだ。前近代にはそんなことはなかった。  
……うん、なんか小難しいですね。  

   
  
  

これを噛み砕くと「昔は良かった、今はダメ!」となります。  
なんとシンプルな(笑)。  
  
 
   

その「昔は良かった」ものの代表例が木材です。   
  
 

今日、紹介する『木の教え(塩野米松)』には、それがいろいろな具体例とともにわかりやすく書かれています。  
ちなみに、私の持っている草思社のものは、ほぼ全ての漢字にルビがふってあるので、小学校高学年なら、簡単に読めるはずです。  
  
  
    
  

同じようなテーマの文章は入試にもよく出題されます。    
知っておくと楽ですよ~。   
  
  


2017年3月15日  12:13 AM |カテゴリー: 島田

頭の中はいつも春(財布の中は冬)、島田です。   
   
   

趣味で根付(栗)を作り、不定期に先生に教えていただいているのですが……  
熱心に教えて下さるのに、なかなか上手くいかないものです。  
話を聞き逃すものか!と、イラストつきで手帳に色々とメモをとっても、帰宅して見直すと……あら不思議。  
思ったように作品ができない。  
   
   

そこで、ちょいと発想を変えてみた。   
先生の根付を買い、見本として手元に置きながら根付(栗)を作ってみました。  
   
  
  

すると……あら?  
意外と上手くいった……かな?   
  
  
 

そうか、そういうことか。  
百聞は一見に如かず。  
  
  
   

お手本を見ながら、作ればいいんですね。こんな当たり前のことに何故気付かなかったのだろうかww  
   
  
 

ということは、お手本(ノートやテキストを見ながら、勉強もとい宿題)をすると効果的かも。  
  
  
 
 

ちなみに、少なくとも栗をあと10個は作る予定です。  
勉強と同じで大事なのは、理解を伴った反復演習ですから。  


2017年3月8日  12:11 AM |カテゴリー: 島田

冬は食費が節約できるので助かっている島田です。   
  
  
  

もうじき鍋の季節が終わってしまいそうですが、もう少し鍋料理を作り続けます。だって、安くて美味しいんだもの。  
子供のころは鍋が嫌いだったけど、大人になると白菜の旨みがわかってくるものです。   
だから、好き嫌いを言わずに食べてほしいところ。たまに鍋料理が嫌いなんて不届き者にも出会いますが,文句があるなら自分で作りなさい(笑)  

  
  
 

ちなみに、私の「鍋」料理は、非常に手抜き。    
圧力鍋で大量の野菜を煮込んで、適当に味付け。はい、完成。  
具材をこまめに足すなんて、面倒くさいことはしません。   
果たして、これを「鍋」というのかはわかりませんが、とりあえず「ビバ!一人鍋!」   
   
  

ちなみに、味付けの基本は味噌。  
薄ければ味噌味の鍋。濃くなってしまったら具沢山の味噌汁として食すのみ。  
  
  
  

うん。  
何の話だっけ。  
こりゃ、いつも以上に中身がない。  
  
  


2017年3月1日  1:08 AM |カテゴリー: 島田

Page Top