ブログ

生徒のはいてきた長靴をみて、ブログのネタができたと喜ぶ島田です。  
  
  
 

はい、先に断っておくと、いつも以上に中身がないです。(いつものことか)  
  
   

雨といえば長靴。
最近の長靴は色もさることながら、デザインもおしゃれになっていて、羨ましい限りです。
私が子供のころに、履いていた長靴なんて黒や紺色一色で、デザイン性を放棄した機能一辺倒の代物でした。
ガッポガッポと何とも歩きにくく、見た目も残念。
いつも履いていくのを嫌がった記憶があります。
しかし、母に無理やり長靴を履かされて登校するも、下校のころには晴れ上がり長靴の歩きにくさが際立ちます。
また、田舎だったこともあり大小様々な「水たまり」があったでのすが、調子に乗って深い水たまり(というか池?)に入って、長靴の中に大量の水が流れ込み、グジュグジュの足のまま帰宅した記憶もあります。  
  
  
  

ろくな思い出がありません。  
  
  
 

また、雨といえば傘。
この傘にもまともな思い出がありません。
チャンバラをして傘の骨が折れる。
居合の真似事をして、やはり傘の骨が折れる。
杖の代わりにして石突が砕ける。
強風に負けて、布地が裏返る。
わざと布地を裏返し、パラボラアンテナ状にしてその中に水をためる。
鉤状の持ち手で「いろいろなもの(自主規制)」を引っかける。  
  
  
  

ろくな思い出がありません。  
  
  

そして、こんな文章です。  
  
  
 

ろくなオチが思いつきません。  
   
   

オチがない文章なんて気持ち悪いですか?
いいんですよ,進学塾ですから……オチない。  
  
 
  

おあとがよろしいようで。


2018年7月25日  12:40 AM |カテゴリー: 島田

食欲のかたまり、堀口です。
今回はゴーヤの続報です。
最近、次々に花が咲くようになりました。
もちろん、雄花と雌花があります。          
               

           
         
                   
                
             
                        
上の写真の右側が雌花です。
すでに、実のような子房がふくらんでいますね。
人工的に受粉させた後です。

                  
              
             
翌日には、このようになります。
          
          
                
                      
                    
そして、4日後には花弁が取れ、少しずつ実らしくなっていきます。                        

        
       
            
    
                         
                     
実はどのくらいできるのか?
果たして、緑のカーテンになるのか?
              
追々お知らせしていきます。


2018年7月20日  3:08 PM |カテゴリー: 堀口

本を処分して部屋を広くしようとした島田です。  
  

ええ、すぐに気付きました。失敗だと。  
読んだ本を裁断して、スキャナーで取り込んでPDF化して、紙(裁断済みの本)を処分したとしても、本が専有する空間は大して減らず、むしろそれを上回る?勢いで増える本。  
  
  

1円を節約して、節約して、節約しまくって、バーゲンで無駄遣いみたいな?  
  
  

そこで作戦変更。  

本ではない別のものを部屋から追い出してしまえ!というわけで、我が家にありながら活躍していないもの……  
   
   
 

あった……  

  
  
  
 

32型TVだ。  
  
   

地デジ切替の波に乗せられて買ってしまったものの,考えてみたら、ここ1年まともにTVをつけてもいない。
家で1人のときにDVDを見ようとしたら、肝心のDVDプレーヤーが故障。
どう考えても全く役に立つことなく、ただ黒い画面が部屋の一画を専有しているだけの存在。  
  
  

そして、断捨離。
幸いにもTVを欲しがってくれる知人に譲ることができ、部屋が広くなり、娘の遊び場が増えて大満足。  
  
  
  

いいですよ。
TVがない生活。


2018年7月18日  12:39 AM |カテゴリー: 島田

食べることは生きることだと思っている堀口です。
        
前回、我が家の菜園の概要(ゴーヤと大葉)をお知らせしました。
     
今年から育てているブロッコリーは
既に一回収穫していますが、切り口の周りから、
次々に小房が出てくるんですね~。
   
         
         
 (中央の切り口が収穫した跡です。)

              
              
              
                   
ずっと以前、福岡に住んでいたときに
畑でブロッコリーを1回育てたことがありました。
そのときのブロッコリーと品種が違うのか、
土が違うからかは、わかりませんが、
今回のブロッコリーは背丈があまり大きく育たないうちに花がつきました。
     
味も、以前ほどおいしくは感じませんでした。
それでも、しっかりいただいています。

    
                
      
                         
             
                        
                
アスパラは今年は収穫しません。
今年は根を育てます。
先日、2本目の芽が出てきました。
来年以降は収穫できるので、楽しみにしています。          
      
    
                   
      
            
                               
                      
                
本当はかわいらしい花も育てたいのですが
なぜか、食べられるものばかりになってしまいました。


2018年7月13日  2:54 PM |カテゴリー: 堀口

「文学は心を豊かにするなんて言われると、文学に触れない人は心が貧しいということですか」反問したくなる島田です。    
   
  

『スペリングの英語史』、『法医学入門』、『やってはいけないデザイン』、『お金を増やす究極のしくみ』、『新しい世界史の見方』、『老後破産しないためのお金の教科書』、『文化史的にみた英語史』、『なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか』、『やさしいおむつはずれ』、『英語史入門』、『グリム童話の世界』、『初版グリム童話集』、『ふんどし育児』、『日本の10大新宗教』、『考える力』、『沖縄の不都合な真実』、『イスラームの日常世界』、『スナップジャッジメント瞬間読心術』、『思考の整理学』、『話す力』、『贈る物語 wonder』、『戦国武将変わり兜図鑑』、『言ってはいけない残酷な真実』、『仕分け収納術』、『毎日が楽しくなる片づけのしくみ』など。  
  
   

うーむ。
英語史、お金、育児、片づけ……のジャンルの本を複数冊読んでいるようだが、これって、主婦ですね。  
  
   

さて、これらの中でも特に面白かったものを2冊だけ紹介します。 

  

①『イスラームの日常世界』
 イスラームについて、高校世界史やニュース程度で仕入れた知識しか持ち合わせなかった自分にとって、この本はまさに目から鱗。あまり知られていないイスラームの世界が垣間見えて非常に面白い。 
  
 

②『思考の整理学』
 東大や京大でなぜ売れ続けるのかが分かる。これを大学入学前に読んでいたら、私の人生は全く別のものになっていただろうなあと思わせてくれる。  
  
 

追記
部屋から本がなかなか減らない……


2018年7月11日  4:38 PM |カテゴリー: 島田

我が家の菜園報告①

生きることは食べることだと思っている堀口です。
以前、庭の片隅で菜園を作っていました。
一昨年の秋からはアパートの5階に住んでおり、地面を耕すのは無理です。
しかし、プランターや植木鉢で野菜を育てることはできそうなので、
去年からチャレンジしています。
         
去年は大葉とゴーヤを作りました。
種子も収穫し、今年も育っています。
   
 
    
    
  
     
      
           
                        
さて、今年は西側一面をゴーヤで緑のカーテンにしたいと考えています。
夏の夕方、
本物の太陽と宇治川に反射した太陽の二つの太陽光が
我が家を直撃していることに気づいたからです。
   
西に見える宇治川です。
      
              
              
                      
                    
                       
          
南側は洗濯物を干すので、開けてあります。
上手くいくかどうか、乞うご期待。
  
今年はこれに加え、ブロッコリーを1株、アスパラを1株増やしました。
これらについては、次回ご報告します。


2018年7月6日  2:14 PM |カテゴリー: 堀口

Page Top