ブログ

予想はよそうよ、そう当たるものではない……こういうダジャレが好きな島田です。  
  
   

ある学校の過去問を集中的に解いて分析すると、色々と見えることがあります。
とりあえず、点数調整、問題数調整のために作った問題の存在とか、出題者から受験生へのメッセージとか。  
  
   

質の高い入試問題は、出題者(学校や作成者)の明確な意図が見えて面白いものです。
「何となく本文を読んで、雰囲気で解いてしまう子に正解させたくない。」
「指示語や接続語を読みつないで、文脈を追える子が欲しい」
「単なる丸暗記ではなく、知識をもとに考えている生徒は正解できるはず」
など。
  
    
  

さて、今年は平成最後の入試。
……ということは、それにまつわる出題があってもいいような……  
  
  
 

例「元号」の「元」と違う読み方をする「元」を含む熟語を全て選べ。
 元本、元気、元日、元来、紀元、元首、元金、元凶  
  
   

例「成」と同様の書き出しをする漢字を次から全て選べ。
 右、有、友、希、布、左  
  
    
   

例 (  )に入る漢字を補い、時間に関する以下のことわざを完成させなさい。
光陰(  )の如し、待てば海路の(    )あり、時は(  )なり、一日千(  )、
一朝一(  )、一寸の光陰(  )んずべからず、一刻(  )金、歳月(  )を待たず、
(  )日の菖蒲(  )日の菊、桃栗三年柿(  )年
  
  
 
   
  
 

まあ、クイズのつもりで挑戦してみてください。
解答ですか?
辞書に全部載っています。


2018年10月17日  12:54 AM |カテゴリー: 島田

こんにちは。島田改めオーランド・ブルームです。

  
  

突然ですが、問題です。
「ブルーム」の言葉の意味として、ふさわしいものを次から一つ選びなさい。
ア チョコレートの表面に成分が析出し、白く固化する現象。
イ ムエタイの技の一つで、膝蹴りのこと。
ウ 北欧神話の主神にして戦争と死の神。
エ 登山における緊急的な野営。
オ ドイツ音楽における三大Bの一人
カ ミッフィーの作者
   
  
  

こういう語意を尋ねる問題は、入試問題では必出ですが、どう解きますか。  
  

前後の文脈から推測して、「ブルーム」の意味を確定させると習うことが多いのですが、果たしてこの方法は有効なのか、はなはだ疑問です。
なぜなら、この解法は前後の文脈が理解できるだけの語彙があることを前提にしているからです。
語彙の豊富な大人なら解けるでしょうが、そうでない場合は……。  
   
  

だから、この手の問題は言葉の意味を事前に知っておくしかないと思うのです。
辞書に載っているような厳密な意味までいかなくても、その言葉のもつ雰囲気やニュアンスは何となくでも知っておいてほしいところです。 
   
  
 
で、どうするか?

  
   
 
読書に勝るものはないでしょうね。
読書の秋を楽しみませんか?

  
  
  
  

ちなみに、冒頭の問題の答えは「ア」です。
イ テンカオ
ウ オーディン
エ ビバーク
オ ブラームス
カ ブルーナ


2018年10月10日  12:53 AM |カテゴリー: 島田

少ない読書歴をさらすというのは恥ずかしいと思いながらも、ブログのネタになるのなら仕方なしと考えている島田です。
   

・『間違いだらけ!日本人のストレッチ』
 大雑把にまとめると、その柔軟性は必要ありますか。それよりも自分の体を自在に動かすことが大事ですよ、という内容。自分の体を支配することを意識し約15年。まだまだ、動きません。
  
   
 

・『戦国武将の信仰』
 前近代の宗教観がよくわかるし、特定の宗教にこだわらない日本らしさが垣間見えて面白い。

  
  
 

・『伸びる子どもの体のつくり方』
 特定の運動しかできない残念な体はダメですよという話。うん、これを意識してから私の体は動くようになったんだよなぁ、懐かしく思い出す私。

  
  
・『羅生門・鼻』
 やはり、芥川龍之介の文章は読んでいて気持ちがいい。話の構成も見事だけど、やはり言葉の選択が上品なところがいい。

  
  
 

・『教え力』
 流行りの斎藤孝。教えるために必要なものは情熱。その通り!

  
  

・『人間行動学 マインド・ウオッチング』
 心理学の有名な実験。ちょいと古い本だったので、最新の研究も知りたくなった。

  
  

・『月が昇るとき』
 1冊くらいいいかなという甘えから読んでしまった久々のミステリーは大外れ。二度とこの作者の本は読むまい。

  
  

読みかけが四冊……十月は何冊読めるかしら。
読書の秋という大義名分のもと、十月は小説解禁しようかな。
さあ、みんなで読書にふけりましょう!


2018年10月3日  2:53 PM |カテゴリー: 島田

Page Top