ブログ

少ない読書歴をさらすというのは恥ずかしいと思いながらも、ブログのネタになるのなら仕方なしと考えている島田です。
   

・『間違いだらけ!日本人のストレッチ』
 大雑把にまとめると、その柔軟性は必要ありますか。それよりも自分の体を自在に動かすことが大事ですよ、という内容。自分の体を支配することを意識し約15年。まだまだ、動きません。
  
   
 

・『戦国武将の信仰』
 前近代の宗教観がよくわかるし、特定の宗教にこだわらない日本らしさが垣間見えて面白い。

  
  
 

・『伸びる子どもの体のつくり方』
 特定の運動しかできない残念な体はダメですよという話。うん、これを意識してから私の体は動くようになったんだよなぁ、懐かしく思い出す私。

  
  
・『羅生門・鼻』
 やはり、芥川龍之介の文章は読んでいて気持ちがいい。話の構成も見事だけど、やはり言葉の選択が上品なところがいい。

  
  
 

・『教え力』
 流行りの斎藤孝。教えるために必要なものは情熱。その通り!

  
  

・『人間行動学 マインド・ウオッチング』
 心理学の有名な実験。ちょいと古い本だったので、最新の研究も知りたくなった。

  
  

・『月が昇るとき』
 1冊くらいいいかなという甘えから読んでしまった久々のミステリーは大外れ。二度とこの作者の本は読むまい。

  
  

読みかけが四冊……十月は何冊読めるかしら。
読書の秋という大義名分のもと、十月は小説解禁しようかな。
さあ、みんなで読書にふけりましょう!


2018年10月3日  2:53 PM |カテゴリー: 島田

Page Top