ブログ

予想はよそうよ、そう当たるものではない……こういうダジャレが好きな島田です。  
  
   

ある学校の過去問を集中的に解いて分析すると、色々と見えることがあります。
とりあえず、点数調整、問題数調整のために作った問題の存在とか、出題者から受験生へのメッセージとか。  
  
   

質の高い入試問題は、出題者(学校や作成者)の明確な意図が見えて面白いものです。
「何となく本文を読んで、雰囲気で解いてしまう子に正解させたくない。」
「指示語や接続語を読みつないで、文脈を追える子が欲しい」
「単なる丸暗記ではなく、知識をもとに考えている生徒は正解できるはず」
など。
  
    
  

さて、今年は平成最後の入試。
……ということは、それにまつわる出題があってもいいような……  
  
  
 

例「元号」の「元」と違う読み方をする「元」を含む熟語を全て選べ。
 元本、元気、元日、元来、紀元、元首、元金、元凶  
  
   

例「成」と同様の書き出しをする漢字を次から全て選べ。
 右、有、友、希、布、左  
  
    
   

例 (  )に入る漢字を補い、時間に関する以下のことわざを完成させなさい。
光陰(  )の如し、待てば海路の(    )あり、時は(  )なり、一日千(  )、
一朝一(  )、一寸の光陰(  )んずべからず、一刻(  )金、歳月(  )を待たず、
(  )日の菖蒲(  )日の菊、桃栗三年柿(  )年
  
  
 
   
  
 

まあ、クイズのつもりで挑戦してみてください。
解答ですか?
辞書に全部載っています。


2018年10月17日  12:54 AM |カテゴリー: 島田

Page Top